19 / 1

第19話 「説明・設定」は読みやすくなるように工夫する

説明や設定は、何の工夫もせずに書いてしまうと、読者は大量の文字を淡々と読む事になり、苦に感じてしまいます。 小説を読んでいるというより、辞書や教科書を読んでいるような気分になります。 説明や設定など、読者が読みづらいものも、工夫をする事で読みやすくする事ができます。 ■説明は会話文にする 何かを説明する時に、その件に詳しい人物を登場させます。 その人物が、知らない人に解説をする事で、会話を使って説明する事ができます。 この知らない人は、読者がわからない事や聞きたい事を「これはどういう意味なんですか?」と代弁してくれます。 ■設定は実体験で見せる 「この世界がどういう世界で、魔法が使えて、魔法使い同士は争いあっている」という事を地の文で説明してしまうと、単調でどうしてもチープな印象になってしまいます。 設定は、イベントという形で実体験してもらうと、読みやすくなり、イメージもしやすくなります。 文章を使った「百聞は一見にしかず」のような形です。 例えば、 主人公が旅をしており、主人公の目から見た世界を軽く表現します。 (主人公を通すと全ては「体験」となり、イメージしやすくなります。) 急に魔法による攻撃を受け、それを主人公は魔法によるバリアで防ぎます。 (こうする事で、設定を説明する事なく「主人公も敵も魔法が使える」という事が読者に伝わります。) 敵と会話をする中に、「魔法使い同士が争っている事」を感じさせるセリフを入れておきます。 その後、敵を圧倒的な力で倒した場合、主人公の強さを読者に伝える事もできます。 ■様々な情報源を使う 事件などが起こった場合、「お前知ってるか? 昨日の○○事件の事」と友人などが教えてくれるやり方もありますが、毎回このパターンだと不自然になってしまいます。 その世界観にあった情報源を使う事により、設定や説明の表現の仕方に多様性を出す事ができます。 TVのニュース、新聞、ラジオ、張り紙、手紙。 SNS、掲示板、チャット、メール。 逃げ惑う人の叫び、野次馬のセリフ。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!