1 / 44

序 怪物の誕生・1

ー序ー  ……駄目だ、早すぎた……いや、そうではないのか……?  ……何かが足りない……    ……何が……?  ……材料……呪文……術式……印章……念……?  …………    …… 1. “それ”、とここでは称しておこう。 “それ”、はぶよぶよとした粘液状ともゲル状とも言えるモノだった。 “それ”、は生物とも無生物とも言えるモノだった。  おそらくは、多くの者が“それ”に対して抱くであろう感想は、「薄気味悪い」とか、「得体の知れない」というものになるだろう。  或いは、「汚らしい」とか、「醜い」という印象になるかもしれない。 “それ”、はただの反応なのか何らかの意志なのか、あるいは本能のようなものなのか分からぬが、痙攣的に、または蠕動のようにうねり、また蠢いていた。  そこは暗く、じっとりと湿り気があり、そして寒かった。  そこはいくつかの広い空間と、それをつなぐ細い間道が入り組んでおり、あたりは主に岩に覆われていた。  ときおり、どこかからか微かな光が反射して、ぬらりとしとた岩肌を見せる。  滑らかな表面は鍾乳洞窟のようだが、“それ”以外にも瓦礫や人工的に切り出した石、また焦げた材木に家具調度の破片、溶けてくすんだ硝子などが、そこここに散乱していた。  破壊の跡、といえる。  様子からすると、大規模な破壊と崩落の跡と思える。  硫黄、薬品や香水。そしてそれらの混ぜ合わさったような匂い。  木々や岩、金属やガラスの焼け、煤けた匂い。  血の匂い。汚物の匂い。肉の焼けた匂い。  そういう様々な匂いがかすかに、あるいははっきりと感じ取れたかもしれない。  だが、今は違う。 “それ”、には嗅覚がなかった。  匂いを感じ取る器官が無いのだ。  光は? 感じ取れるらしい。しかし視覚といえるだけの明瞭さは無い。  かすかな光や、または空気の流れを感じ、あたりの様子を認識しているようであった。   “それ”は、のたうちながらも方々に移動を続けている。  単に低きへと転がるかのようで、また何かしらの目的でもあるかのようでもあった。  どれほどの距離、どれほどの時を経たのか。  破壊の跡の残る洞窟からさらに奥へと進んで居たようだ。 “それ”は、周囲にある別のものを認知していた。  かさかさと這い回るもの。水辺にうねるもの。飛び交うもの。あるいはただじっと動かずにいるもの。  生命、がそこかしこに存在していた。 “それ”は、その中を動き回り、ある一つの生命に接触をした。  捕食だった。  手始めは、苔のようなものだった。  しばらくして、茸のようなものを捕食した。  それから動き回るもの、動物へと捕食対象を変えていく。  なめくじ、虫、地底湖に住む目のない魚。  捕食するごとに、“それ”は大きく、力強くなっていった。  大きくなると同時に、さらなる変化をしてゆく。  不定形のゲル状だった“それ”は、虫を喰い続けて脚を持ち、外骨格を得た。  魚を喰うことで鱗を得て鰓呼吸も出来るようになった。  視覚、嗅覚、聴覚と、感覚器も増えていく。  まるで、食べるごとにその生命の持つ能力、特徴、情報を取り込んでいるようだった。  それらの情報を元にして、“それ”は成長し、変化を続けていた。  ゲル状の身体は軟体動物となり、魚類となり、節足動物となり、爬虫類となり、哺乳類となった。  いや、現状を言えば、それらの様々な特徴を備えた新たな生命ーーー怪物となっていた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!