22 / 44

1-18.夢の中で───

    夢を見ていた。  夢の中で、ああ、これは夢なんだなあ、と分かる夢だ。    白い壁、白い床、白い天井の建物の中にいる。  本当はそこには雑多で様々な色やモノがあるのだろうけど、そこではほぼ全てが白く塗り込められていた。    機械の音、人々の歩く音、ささやくような話し声。  俺はその中を滑るようにして移動する。  一つの部屋、そこに居る誰かの元へ。       『……り君、元気?』  ……何言ってんだよ、バカ。入院してるお前が言うか?   『はは、そっか。そうだよねー』    ……っとによ。   『…………』    ……これ、今週号。   『おおー、マジか。今週又休載?』    休載。半年くらいやんねーんじゃね?   『何だよー。再開して1月続かねーのかよー。  コレじゃ退院してもまだ休載かもなー』    だな。   『……』    ……どんくらい、かかるって?   『……んー。3ヶ月?』    …………。   『2ヶ月かも?』    ……どっちだよ。   『いやー、分っかんねー』    …………。   『……それよかさ。のり君さ。こーゆーとき、アレでしょ?』    ……アレ?   『“俺がおまえの分まで大会で活躍してやるぜ!”  みたいなさ?   “次のお見舞いには優勝トロフィーを持ってきてやるぜ!”  とかさ』    ……何だよそれ、超ダセエじゃん!   『そーゆーもんだろー! スポ根物的にはさー』    ……バーカ。   『アハハ』    ……    …    ……    白い。壁も、床も、天井も、全て白い。  本当はもっと雑多な色や物にあふれているはずの場所だ。  人。人。人。人。ほぼ同世代の、幾人もの若い人。  多くの人の群の集まっている一角。  そこに、俺は歩いて向かっている。    ゾクリ。  腹の底から嫌な気配が沸いてくる。  それは鳩尾の辺りにまで上って来て、丸い、丸い大きな塊となり膨らみ出す。  嫌だ。  この先に行きたくない。  いや、行ってはダメだ。   『……エバちゃん、それマジか?』   『マジ。母ちゃんが聞いたんだってさ』   『きっつ ───!! いや、マジきついっしょ、ソレ』   『のり君、それ知ってんの?』    知らない。知りたくない。   『分かんねーけど、俺ならそんなん知ったら死ぬわ、マジで』    そうだ。死にたい。死にたくて、死にたくて、けど、自分じゃ死ねなかった。   『いや、マジ死にたいのはゴータ君っしょ。あり得ねえわ ───』    やめろ。もう、聞きたくない。やめろ。これ以上先に進むな。これ以上……。   『── のり君のせいで、もう、下半身動かねーんでしょ ──?』    真っ暗な……。        真っ暗な闇の底へと落ち込んでいく。  急加速で落下するエレベーターの中のようだ。  鳩尾の真ん中にある黒い塊は、それ自体が重力を持つかのように俺を縛り付ける。  永遠とも思えるその落下感の先にあったのは、狭い狭い、小さな暗い部屋。  汚れた万年布団。ゴミの山。無数の、開いたペットボトルに、液体の入ったペットボトル。  下着も数日、ジャージは数週間着替えてもいない。  寝て、食べて、起きたらネットに繋いで、オンラインゲームか掲示板。  食べ終わった食器をドアの前に出すと、次の食事が置いてある。  深夜に、家族が寝静まった頃合いを見て、ペットボトルとその中身を捨てる。  風呂なんて数週間に1回、入るかどうか。    大会は、個人戦初戦敗退。団体戦も3回戦で負け。俺はその中で全敗だった。  怖かった。  試合が、戦うことが、怖かった。  いや ───    怖くなった。   「君は ─── 自分が又、ゴータ君のように誰かを傷つけてしまうかもしれない事が、怖くなった」    めがねをかけた、痩せた青年の姿。   「違うな。  お前は傷付けるのが怖いんじゃない。  傷付けたと思うことで、自分が傷つくのが怖かったんだ」    無精ひげを生やした精悍な男。   「はー?  どっちでも関係ねーだろー?  戦えないってんなら、そいつはその程度の奴、ってだけだよ」    長い金髪を後ろに流した、痩せ身だがしなやかで鍛えられた体つきの女性。   「ただの腑抜けた臆病者だ」 「だらしない怠け者」 「えー、良いじゃん別にー。お腹ぷにぷにしてて楽しいしさー」 「無駄飯食い」  色んな声が、周りをぐるぐると渦巻いて反響している。  まるで騒音の渦のただ中に、俺は一人取り残されていた。  俺は、両手で耳をふさいでうずくまる。  嫌だ。聞きたくない。知りたくない。もう、放っておいてくれ。俺はもう、ただただこのまま小さく丸まって、居なくなってしまいたかった。    耳をふさぎ続けて丸まっていると、周りの声が次第に小さく、遠くなり、いつの間にかしん、とした静寂の中に居た。  俺は蹄を耳から離して、四つの脚でゆっくり立ち上がる。  蹄?  何かが気になって、前脚を見る。  いや、特に変なことは無かった。  後ろを見て、黒く艶やかな毛並みと愛らしい丸まった尻尾。  うん、いつも通りだ。    ここのことを、周りのひょろ長い大きな連中は、『けるあでぃーどごう』とか言っていた。  穴蔵の中で俺は飯を食い、水を飲み、砂浴びをして、昼寝をしたらまた飯を食い、うんこをしたら藁の上で寝る。  毎日満腹になれるし、ときどきひょろ長い大きな連中が温かい水で洗ってくれたり、痒いところをかいてくれる。  ひょろ長い連中は俺のことが好きらしい。多分俺はすごく偉いのだ。こいつらは俺のためにいろんな事をしてくれる。    最近、ひょろ長い連中の中に、丸っこい奴が居る。  ひょろ長とまるで似てないから、多分別のイキモノなのだろう。  そいつは俺のことが好きらしい。  俺のことを「タカギ」とか呼んで、撫でてくる。  こいつの撫で方は嫌いじゃない。  俺に尽くしてくるから、俺も撫でるのを許可してやる。  うむ、よきに計らえ。    ある時ひょろ長達が沢山来て、俺のことを抱え上げて何か話し合っていた。  どいつもこいつも、俺のこと好きすぎるだろう。  俺はどこか別のところに行くらしい。  俺はここが気に入っているから、別のところに行きたいとは思わないが、まあこいつらは俺のことが好きらしいから、もっといい場所に連れて行ってくれるだろう。    駕籠に入って移動しているとき、周りが明るすぎて気に入らなかったが、俺は目をつむり昼寝をした。  うとうとしたり目が覚めたりして、止まったときには例のころ丸い奴が食い物をくれた。なかなかの味だ。    そのとき、何か地面が揺れた。  地面が揺れて、周りのひょろ長どもが騒いでいる。  何を騒いでいるのか見回すと、白くてがりがりの奴らが暴れている。不躾で失礼だな。追い払え。  その一つが、変な棒を振りかざし、俺の方へとそれを ───   『ちょっとちょっと、このままじゃ“混ざっちゃう”でしょ』    地の底へと落ちた俺の前に、黒く小さな影があった。  上も下も分からんような真っ暗な空間の中、何故かその影だけはくっきりとした存在感を持ち起立している。  その小さな黒い影は、曲がりくねった杖を持ち、それを前方に伸ばして小さな光を指し示す。  その光は、清らかで神聖なものにも、禍々しく不浄なものにも思えた。  しかしその中に、一つの小さな影が見える。  遠く、彼方遠くに見えるその影は、懐かしくも思える後ろ姿。 「変わったオークだな」    凛とした、しっかりとした意志のある声。   「戦うのが嫌いか?」    こくり、と、俺は頷いた。   「だから、料理番なんかをしてるのか?」    こくり、と、再び俺は頷いた。    彼女は少しだけ首を傾げてから、やや眉尻を下げると、まるで変わらぬ声音で、   「お前みたいなオークが一人くらい居るのも、面白いかもしれんな」    と、そう言った。    俺は彼女の後を追う。  彼女のその背を追う。  光の中へと、彼女の後を追う。   『あら、もう行っちゃうの?』    光の道を歩くその横に、又幾つかの影が蠢き、囁きかけてくる。   『あなたは闇の路を行く。光を目指し追いかけても、あなたの歩むべき路は変わらない』   『お前の中にある怒りの炎は、いずれ周囲を巻き込み焼き尽くす』   『運命の糸車は、複雑に絡み合い容易く解きほぐすことは出来ない。お前も又その糸に絡め取られているのだからな』    俺はそれらの声を振りほどき、彼女の背を追い続ける。  追い続け、眩い光の中追いついたときに、俺は声をかけることも手を差し出すことも出来ず躊躇し ───   『あなたがこれまでに、どんな生き方をしてどんな後悔を抱えていても、そんなことには大した意味はないの。  あなたにとって最も重要なのは今、そしてこれからどう生きるか ───』    振り返ったその顔は、今までに見たことのない顔だった。    
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!