4 / 16

[昼休み]

怖い委員長に捕まってさらに疲れた……。 さっさと一人になれるところに行こう……。 綾乃「兄さん」 ……まあこうなることは知ってたけど。 ほらクラスのやつらの視線が俺に集まってるから! 優希「……」 綾乃「兄さん? どうして無視するんです?」 察して!! この教室の空気を察して!! なんであんなヤツが? 兄さん? って変な空気になってるからね? 綾乃「兄さんってば!」 優希「お、おう……」 綾乃「もうなに黙ってるんですか? 早くお弁当食べましょう?」 優希「えっ?」 綾乃「早起きして作ったんですよ? まあ兄さんのせいで私まで遅刻してしまいましたが」 優希「わ、悪い……」 主に男子からの視線が痛い。 死ね!みたいな。 あるいみ死線ですね、これは。 なんちゃって! てへっ 綾乃「ふふっ、さあ兄さん? 2人になれるところに行きましょう?」 優希「あ、ああ……」 葉月「ちょっと待ちなさいよ! 優希はあたしと食べるんだから!!」 は? 綾乃「……に い さ ん?」 優希「……」 葉月「朝約束したじゃない!! お昼休みや放課後はあたしと(お話)するって!!」 綾乃「……する?もしかして……」 優希「い、いやお前が考えてるようなことをする訳では……」 綾乃「俺に仲のいい女子なんているわけないだろ!と兄さんは私に言いましたよね?」 優希「あ、ああ……」 綾乃「この方は男子なのですか?」 優希「い、いえ……」 綾乃「兄さん」 優希「は、はい……」 綾乃「正座」 優希「……えっ?」 綾乃「せ い ざ」 (≪●≫) (≪●≫) 優希「ひゃい……」 クラスからの視線が死線から憐れみになりつつあった。 綾乃「さて嘘つきクソ野郎の兄さんには罰が必要ですね」 優希「い、いや嘘はついてないぞ! 俺とそこの葉月さんはお前と別れた後知り合ったんだから!」 葉月「そうよ! だいたいあんたこいつのなんなわけ!? 兄さんって呼んでるけどこいつ1人っ子のはずでしょ!?」 なんで俺が1人っ子だったこと知ってるの? 俺クラスの誰にも話してないよ? 綾乃「泥棒クソネコは黙っててください。私は今嘘つきクソ野郎と話してるんです」 口悪いなこの妹……。 葉月「なっ……あ、あたしが泥棒猫? な、な、なんでこんなやつを盗むのよ!」アタフタ 綾乃「私が何も知らないとでも?」ニヤ 葉月「」 綾乃「あなたは兄さんのすと」 葉月「わ、分かったわ! き、今日のところはあたしが引き下がるから!!」 綾乃「ふふっ、分かればいいんですよ? 葉月先輩」ニコッ 葉月「」 優希「」セイザチュウ 綾乃「さて、そろそろお昼ごはんにしないとお昼休みが終わってしまいますね」 優希「」セイザチュウ 綾乃「嘘つきクソ野郎の兄さん? 行きますよ?」 優希「ひゃい……」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!