283 / 283

あとがき

 LISTENERー召喚札師ーを呼んで下さり本当にありがとうございました。作者のくいんもわです。  この作品を書くきっかけは元々カードが好きで、それでいつかは題材にしたいなぁと考えながらも落とし込むことができず……それでゲーム仲間に進められたとあるゲームを知って、こういう形でもいいのか!とインスピレーションを受けて、一気に形になったのです。  この作品を書いてる間に、私自身にも色々なことがあって……書いてる内に、この作品の秘められた思いと言いますか、無意識にテーマにしていたものがあるのに気づきました。  絆、思い……一人では乗り越えられない事も仲間と共に力を合わせる事、それが生み出す新たな可能性。  一人でも確かにある究極的な地点へといけるのかもしれませんが、それでも、その過程で少なからず誰かと関わっていて……結局は一人の力ではないなと。  そこを忘れてしまうと自分勝手、自己中心的となってしまい……道を誤る事もあるのかなと。  私自身もこの作品を書いてる途中で人と人との繋がり、出会いが生み出す力の強さを改めて体験する出来事があって……ワンドとクロス、その仲間達が築いたものってこういうものなのかと感じました。  だからなのか、LISTENERーそのカードに思いを込めてーの章は心の底から泣いて書いてしまい……かなり、苦戦しました。  でもそれでも書き切って、私自身もずっと作品を書く中でここまで作品に思い入れをしたのは初めてだなと……それが、この作品を書くにあたって多くの人達と出会いがあって、ときにはアドバイスをもらったり、私自身を支えてくれたりと……そうしたものが形になったものなんだと思えて、だからこそ完結したのかなと。  一人の物書きとして私はある一つの段をまた上がったのかなと感じつつも、同時に、この作品や私自身に関わった全ての人に改めて感謝をしたいと思います。本当にありがとうございました。  さてこの作品の続編とかですが、今のところは予定はありません。ただ、これだけの思いが込められた作品なので何かできないかなぁとは考えてます。  ひとまずはここで筆を一旦おいて……もう少し考えたいと思います。  全ての皆様に感謝を込めて。くいんもわより。
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ひょんなことからコボルト嫁を娶った一匹狼冒険者の日常。
1
1
完結済/60話/108,390文字/13
2017年12月9日
異世界召喚から30年。文明化された魔法の世界で、平民の兵士は塹壕の底を這いずり回る。
3
7
6
2
完結済/219話/700,871文字/0
7月26日
完結
夜の木
僕が聞いたのは、魂の声。それはどこにでもある物語。
完結済/11話/12,030文字/8
2017年11月14日
異世界でバイトをしていた俺は世界一と言われる名工の弟子になる
連載中/3話/1,331文字/20
3月7日
500円で家憑きの妖精が住む城を手に入れた少女のほのぼの日常もの。
完結済/14話/20,116文字/0
2017年11月30日
いにしえの魔法文明期、森の民の小国に生まれし姫が魔性と化した顛末を伝える始まりの歌。
完結済/1話/2,821文字/-100
7月8日