47 / 71

最強の女神

 滝から自宅へと戻り、周辺に強固な結界を張っておいた。  校舎と自宅に入り込める存在はいなくなったはずだ。 「話してください。最強の女神について」  全員がリビングでソファーに座り、俺が話し始めるのを待っている。  さてどこから話そうか。 「俺も考えがまとまっていない。思いついた順に話すぞ」 「お願いしマス」 「昔だ……美由紀よりもクラリスよりももっと昔。俺が女神を鍛え始めて、先生って呼ばれるのも違和感なくなった頃に、一人の女神と出会った。そいつは今までのどんな女神よりも、あらゆる才能に恵まれていた」  慎重に、より深く過去を思い出しながら話す。  みんな静かに聞いてくれている。流石に事の重大さを察しているか。 「器用貧乏じゃない。完全なるオールマイティ。全ジャンルで頂点に立てるほどの逸材だった」 「そんな女神が……」 「そいつはひたむきで、優しいやつだった。異世界を救うことを誰よりも考えていて、平和な世界を一つでも多くしたいと、口癖のように話してくれた」 「立派な女神に聞こえますね」 「ああ、事実立派だったよ。強くなることにも真っ直ぐだった。真摯で前向きな性格に感化され、俺も本気で育てていった。いくつもの異世界を俺と一緒に救ったよ」  クラリスも美由紀も驚いている。  俺が特定の女神とずっといることは稀だからな。 「俺の技術全てが欲しいと言われて、修業を続けた。そしてそいつは完成した。してしまった」 「完成? なにがです?」 「最強の女神さ」  ざわめきが室内に広がっていく。無理もない。  なんせ最強の女神と俺が断じたのだ。 「俺はそいつに、今までの冒険で得たものを全て注ぎ込んだ。加護は勿論。戦い方から武術、魔法の基礎、応用にサバイバル技術まで全部だ。徹底的に叩き込んでいった」 「今の私たちにやっているようにですか?」 「違う。もっと徹底的に見境なくだ。一切妥協せず、優秀な女神になるって目標に胸を打たれ、何度も何度もお願いされて、異世界のスキルや超能力、さらには禁術や殺人武術なんかも全部教え込んだ。毎日を修行だけして過ごしていた」  思えば、あれが全ての始まりであり、終わりだったのかもしれない。 「センセーの技には活人と殺人両方がありますからね」 「どっちも見たことない気がするわよ」 「殴れば解決するからな。武術がいらなくなって、魔法も誰かに回復かけるくらいになる」  使うほどの強敵に出会うことがなくなってしまった。  ただそれだけ。それに気づいた時は、嬉しいやら悲しいやらだったな。 「最強の女神ってその……勇魔なんとか拳の使い手のことでしょ?」 「そうだ。完成した勇魔救神拳は無敵だ」 「具体的にどういったものですの?」 「数百の異世界を救い、その世界にある技術全てを結集させたものさ」  説明が難しいな。普通に話しても長くなりそうだ。 「例えば魔法のような力。これだって世界によって違う。魔力・気・チャクラ・精霊力・神通力・霊力。ロボットの原動力になるエネルギーシステムとかも研究したし、世界を構成する物質を調べたりもしてな」 「魔法と似た力というだけでも多そうですね」 「そりゃ多いさ。そこにゲーム式異世界のスキル。鍛冶とか料理とか剣とか、そういったレベルを上げて、熟練度を高める系のやつも全部だ。そして古武術とか女神の加護なんかも混ぜる」 「めっちゃめちゃデス。そんなの人間に……女神にすら不可能デス」 「だろうな。だができてしまった。全世界の全てを結集し、オリジナルの戦闘術へと昇華した」  勇者に不可能はない。あっては困るのだ。  なんせ世界を救わなけりゃいけないんだからな。  それが悪い方に働いた。 「俺以外に唯一この拳を完璧に使えた女神。そいつの名はイヴ。究極の境地に至った、俺の知る限り最強の存在だ」 「先生が知る限り、ということは」 「ああ、今の力を縛っている女神女王神よりも、どんな世界の魔王や邪神よりも上だ」  完全な沈黙。どう受け止めていいかわからないのだろう。 「イヴは……最終奥義を完成させた夜。この前のサファイアのように、勝負を挑んできた」 「勝負……完成したら使ってみたくなる気持ちはわかります」 「全身全霊をかけた技の数々は、戦いのために作った無人の異世界をいくつも壊し、徹底的に俺を殺すために使われた」  使うだけで。いや、使う予備動作にすら耐えられずに宇宙は消滅していく。  アンリとキャロルはまだ入り口もいいところの手下だろう。  あまり技の伝授をされなかったのかもしれない。 「先生を……殺す?」 「ああ。本気だった。本気で俺を殺そうとしていた」 「不可能です。太陽と一体化していた私にはわかります。先生を殺せる存在などいない」  大きく頷く一同。俺の勝ちを微塵も疑っていない。 「勝負は俺の勝ちで終わった。そしてあいつは死んだ。最後まで俺を殺そうとして、自爆して」 「先生もろとも自爆……それでその方は?」 「それっきりさ。なぜ俺を殺そうとしたのか。あいつが何を考えていたのか。俺にはそれがわからないままだ」  何度も、何度も聞いた。なぜ俺を恨むのか。  俺にどんな非があったのか。なぜ狂気に輝く瞳で俺を見続けるのか。  本当に、なぜあいつは俺を……思い当たる節がなさすぎた。 「恨みを買っていたということは?」 「わからない。本当に全てを教えたし、あいつのことは大切にしていた。異世界を導く女神として、立派になってくれると信じていた。どんな相談にも乗った」 「誰かに意識を乗っ取られたり、催眠にかかっていたりとか?」 「無理だ。あいつにそんなチャチな術は通用しない。俺以外が状態異常をかけることなんてできない。ちゃんと調べたよ」  ある種の信頼がある。誰よりも俺が知っているのだ。  どれほど強いか。どれほど強くなるための努力をしていたか。 「つまりイヴさんが生きていて、犯人の可能性がある?」 「もしくは弟子が生きていて、先生に恨みを抱いているか、だな」 「ならば先生のお手を煩わせるまでもない。女神界にいるのなら捕まえて成敗すれば……」 「無理だ」  この展開は読めていた。だからこそ、対策を考えておいたのだ。 「あいつが生きているとして、当時のままの強さか……さらに力を蓄えているとしたら、ここにいる女神全員でも勝てない。対抗できるのは俺だけだ」 「そんなっ!?」 「成長している私達と、クラリスに美由紀・アリアがいてもですか?」 「ああ、だから結界を張った。この家と校舎とトレーニングルームをまるっと包んだ。これで誰も出入りできない」 「出入り……まさか先生!」  勘のいい卒業生二人とカレンは気づいたか。  誰にもバレないように転移魔法を発動。  透明で、魔力すら感知されずに発動できる、俺のオリジナルだ。 「お前らのトレーニングメニューは作っておいた。それを全てこなせ。そうしたらこの結界から出られるくらいにはなる。でも……」 「先生! 待って!!」 「できれば俺が帰ってくるまで……ここにいてくれ。ここはもう、俺の居場所でもあるんだから」  魔法を発動。我ながら勝手だな。これはダメ教師だ。  説得しようにも、綺麗な言葉が出てこない。月並みだな。  こいつらが言うように、俺はこういうトークが苦手なのかもしれない。 「この家を頼むよ。大丈夫さ、お前らは俺の自慢の生徒なんだから」  これは俺の過去の問題だ。俺が清算すべき問題。  巻き込みたくない。誰一人、俺の都合で傷つけないように。  俺があいつを見つけて倒す。全てを終わらせる。 「待って先生!!」 「先生!!」  生徒の手が触れないうちに、俺は家から消えた。  大切な教え子を守るため、少しだけ先生から勇者に戻ろう。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!