42 / 71

海の上でも駄女神だよ

「今回は海上戦をやってもらう」  適当に海を作ってみたので、そこで戦ってもらうことにした。  三人で大型木造船を動かしてもらう。 「いいけどなんで海なの?」 「星の海に行ったら、普通の海も見たくなった」 「詩的ですわね」 「そんな先生も嫌いではありませんよ」  そんなわけで海の危険を知ってもらおうというのが今回の趣旨。 「えー海賊出ます。あと天候も悪くなるし、化物も幽霊船も出るかもな」 「イベント目白押しですね」 「おう、気をつけろよ。女神だから空くらい飛べるけれど、人間は普通飛べない。つまり、船が壊れたら終わりだ」 「船って結構もろいわよね」 「ああ、下手すりゃ穴が空いたら終わりだしな。火にも注意だ」  船上生活でその辺に慣れて欲しい。海ってのは楽しいけど怖いんだぜ。 「一時間やる。船の設備を確認しろ。食料とか、飲料水とか。修理用の木材や釘とか。確認することは山ほどあるぜ。はいスタート!」 「まずは食料の確認ですね」 「次に武器と修理材でも見るわよ」 「それ以外の設備は……展望台とお風呂ですわね。あとは……」  会議しながら去っていく女神。さてちゃんとできるかな。  今回は完璧にこなせなくてもいい。  海ってのはベテランの航海士がいっぱいいても無理な時は無理だ。 「一応三人で操作できるように改造してやったが……頑張れよ」  そして運命の一時間経過。全員甲板に集合。 「じゃあスタートだ。俺は手出ししない。ちゃんとやれば途中までは絶対にクリアできるようになっている。頑張れ」 「やってやるわ! いくわよみんな!」 「成長を見せつけてやりましょう」 「いきますわよ!」  海軍の服に着替えたローズが、双眼鏡で周囲を確認している。  サファイアは大砲の点検。カレンが舵取り。 「二時方向に木造船発見。帆にマークはなし」 「海賊船かしら?」 「先生なら、普通の船を入れてくるかもしれませんわ」  ちゃんと相談しているな。いいぞ。実は普通の船も入れてある。  いきなり攻撃しないのは進歩だ。 「大砲だけ向けておけばいいのでは?」 「通り過ぎて背中を見せるのも危険でしょ、一旦この位置で止まらない?」 「では錨を下ろしますわ。敵船から見えない方の錨ですよ」 「わかっておりますわ」  慎重になっているな。サバゲーの訓練が役に立っているんだろう。  そこでサファイアが手を挙げる。 「あ、先生!」 「なんだ?」 「この船ってどこか目指しているの? ゴールがあるのなら、そこに向かわないとダメよね?」  そういや説明していなかったな。いかんいかん。  目的地もわかんないんじゃ頑張りようもないわ。 「すまんすまん。勝手に進むから考えなくていい。嵐が来たら舵だけ取れ。自動で場面は切り替わる。その場に居続けてもいいけれど、急な嵐に対応するのが難しくなるぜ」 「なるほど、参考になりました」 「船がこちらに来ます。大きさはこちらより一回り小さいですね」 「あ、こっちは旅の船な。海軍でも海賊でもないから」 「了解ですわ!」  設定はこんなもんでいいだろう。必要な時に適宜追加で。  少し離れた位置で、お互いに頭を向けて船が止まる。 「あっちの出方を見ましょう」 「おおおおーい! 聞こえるかー!!」  相手の船からヒゲモジャのキャプテンが出てくる。  船首で声を張り上げています。声は不便だから聞こえるようにした。 「聞こえてるわよー!」 「怪我人がいる! 水も残り少ない! ちょっとでいいから薬と水を分けて欲しいんだ!」  さあどうする駄女神一同。落ち着いて判断ができるかな。 「大変ですわね」 「本当ならば、という条件付きですが」 「まずあんたらなんなのー? 海軍?」  サファイアは物怖じしないな。  それでいて警戒もしているようだ。野生の勘か。 「旅の楽団だよ! 各地を回って公演やってんのさ!」 「どう見ますの?」 「難しい手段とかわかんない」 「では、小舟を出して……三人が限度ですね。三人までで取りに来るように言ってください」 「わかった」  こういう交渉や作戦はローズの役目か。面白い。 「一応樽で水を一つと、包帯と傷薬を少々。これ以上はこちらで使う分が減ってしまいますわ」 「これ以上を要求されたら?」 「お断りしましょう。無駄遣いは天敵ですわ。断固拒否してくださいまし」  家計を握っているようなカレン。そういや収入とかの計算任せてたな。  意外と頑固なので、こういう時はきっちりしていて助かるだろう。 「もっと大勢じゃダメかー? 一気に運べねえだろー?」 「どうすんの?」 「往復しろと伝えてください。こちらの船員も多いから大量には渡せない、とハッタリかましておきましょう」 「りょーかい」  存外事がうまく運んでいる。成長しているようで嬉しい。  やがて小舟に乗った男女三人組がこちらに渡る。 「そこで止まってください」  フリントロック式銃を構える海兵姿のローズ。  あの姿なら外さないだろう。  樽と薬箱を真ん中に、両者距離を取る。 「あ、俺は見えてない設定だからな」 「おいおい、物騒なもん向けるなよ。怖い連中だな」 「怖い思いをするだけで、水と薬が貰えますわよ」 「はっはっは、悪かねえな」 「それを持って船に戻って。変な気を起こさなければ、こっちもなにもしないわ」 「アイアイサー。おら、運ぶぞ。ありがとな」  せっせと小舟に運んでいる。三人組。  駄女神の皆様は警戒を解いていない。 「まさか味方ごと撃ってこないでしょうね」 「わかりませんよ。彼らが捕虜なら、撃ち抜くかも」 「水と薬だけは回収すると思いますわ。あればあるだけ助かりますもの」  小舟は普通に戻る。それでも警戒しているのは偉いな。 「通り過ぎる時に砲撃してくるとか?」 「あ、進路変えたわ。横向いた」 「そうですね。どうやら……」  そこでローズが振り向き、反対側から登ってきていた男を撃ち落とす。 「小舟は囮。海の中から奇襲をかけるつもりのようですね」  次々に登ってくる連中を迎撃する三人。 「これどうするの? 船の下にいるのよね?」 「潜って倒せばいいだけです」 「砲撃が来ますわ!」 「シールド!」  砲撃を魔法障壁でガード。ここで完全に敵ということがわかる。 「応戦するわ! カレンは援護お願い」 「では、私が海の底へ行きます。船に穴が空いていないかもチェックしておきますね」  いつの間にかダイバースーツに着替えているローズ。 「お願いね。よーし戦闘開始よ!」  ここからはマルチビジョンで同時に見てみよう。  中空に画面を表示。簡単な魔法でいいや。画質はほどほど。 「これは……魚?」  海中でも特に問題なく話せるローズ。  忘れがちだが神様だ。人間とは構造が違う。 「ちっ、気づきやがったか。殺せ!」  両腕にヒレのついた、鱗のある魚人軍団が襲い来る。 「魚介類ごときに女神は倒せませんよ」  普通に体術でのりきって、手にしたモリで確殺していく。  水中戦闘もこなせるように授業やったからな。  成果が出ているようで何より。 「鬱陶しい……凍りなさい」  周囲を魚人ごと氷漬けにし、魔力を込めて砕く。  魚人は哀れバラバラとなった。 「船底に穴はなし。船ごと食料でも奪うつもりだったのでしょうか」  殺気を感じたのか、とっさに繰り出された刃をモリで交わす。 「ほう、やるな嬢ちゃん」 「ボス格ですか」  二メートルはある大柄の男。鱗の代わりにザラザラとした肌を持つ。  水色に光るボディの敵だ。 「おうよ、フィッシャーズ海賊団二番隊隊長、鮫肌のシャチ」 「サメなのかシャチなのか、はっきりしてもらいましょうか」  そのまま高速戦闘へともつれ込む。  さて、船の上の二人は……と。 「ふっ、はっ! せいっ!!」  カレンの格闘術の前に、屍の山が築かれていく。  その中で唯一応戦する女ダコ。 「ほらほら、そんな攻撃じゃあアタシの体は傷つかないよ!」  足二本に人間のような赤い腕六本。髪までタコのようにうねる水着の女。 「ぬるぬるして……拳が通らない!」 「関節技も効かないよ。はあっ!」  さらに背中から手が四本現れる。長く吸盤の付いたそれは、まさしくタコの足。 「三番隊隊長、十本足のタコ!」 「タコなのに十本はおかしいですわ! というか十本以上ありませんこと!?」 「だから隊長なんだよ!」  こっちはこっちで苦戦している。カレンにはいい課題だろう。  ラストは砲撃戦を繰り広げているサファイア。 「ああもうキリがないわよ!」  敵船からの砲撃をしのぎ、続々とやって来る小型船を撃ち落とす。  旗艦は特殊なシールドで守られており、地味に魔力チャージが必要。  しかも小舟から敵が湧く。そして防御もしなきゃいけない。  さてどうするサファイア。結構重労働だぜ。 「これは……かなりピンチですわね」 「これくらいなによ! やってやろうじゃない!!」  頑張れよ。この授業をクリアできれば、お前らはかなり高いレベルにいるということだろう。  見事突破してくれることを祈りながら、無言で見守るのであった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!