36 / 71

完全ノープランだから駄女神だよ

「はい授業やるぞおおおぉぉ!!」 「うわきゃっ!? 急におっきい声出さないでよ!」  いつもの教室。いつもの四人。今日も今日とて授業である。 「はい授業します。すんぞ。今からだ!」 「どうしたのです先生?」 「いやなんかな……最近真面目にやりすぎてないか?」 「それは素晴らしいことですわ」  なんかマンネリしたのでテンション上げてみた。  しんどいのでいつもの感じでいこう。 「そうなんだけどな。なんかこう教師とか真剣にやりすぎて、潤いとか無い気がしてさ。よっしゃクソゲーやろうぜ。筐体持ってきたから」 「さては今回ノープランですね」 「おうよ。たまにはいいだろ」  最新式格ゲー筐体を出す。様々なゲームが入っている優れものさ。 「ベルスクやるわよベルスク」 「格ゲーじゃねえのかよ」 「二人プレイよ! チームワークを磨くの!」 「いいね。授業っぽいぜ!」 「先生、お気を確かに」  そんなわけでベルトスクロールアクションをやることになりました。  筐体を錬成でいじり、二人並んでプレイできるものに変更。 「うっし、久々に本気の俺を見せてやるぜ」 「スティック壊しそうね」 「安心しな。加減はできる」  昔流行ったタイプのゲームで、出て来る敵をパンチやキックで倒しながら進んでいくやつ。  縦に軸をずらしたり、飛び蹴りや投げを駆使して進む、技術介入度が高いゲームでもある。 「なんだこれ? ファイナル女神ファイターじゃないのか?」  メジャーなやつじゃないな。女神界にしかないゲームかもしれない。  名作によく似ている。いやよそう。似ているだけだ。 「おおらかな時代があったのよ」 「……クソゲー臭がするぜ」  クソゲーでした。理不尽に強い敵。どこかで見た敵。自キャラが弱い。  死に技が多いとクソ要素がふんだんに盛り込まれたゲームだった。 「いかん……台パンしそう」 「確実に壊れるわね」  サファイアは順調に進めていく。真似して行動するも、すぐに敵キャラによって割り込まれてしまう。体力減るの早いな。 「ふっふっふ、助けてあげようじゃない」  俺のキャラごとまとめて蹴り飛ばされる。 「味方に攻撃判定あんの!?」 「緊張感出るでしょ」 「知ってて殴んなや!」  はい無理。二面で死にました。操作に慣れる前に死にました。  半分くらいサファイアが悪い。 「よし、ローズ、カレン。二人でやってくれ」 「完全に面倒事をなすりつけられましたわ」 「ふむ、興味がありますね」 「お茶を入れてきますわね」  そんなわけでローズが一人プレイ。  とりあえずおやつ食いながら観戦でもしよう。 「なに食べてんの?」 「揚げもち。俺は塩派だ」  揚げ餅は醤油より塩だと思う。  ちょっとしょっぱいが、飲み物と一緒に食うとよい。 「塩分摂り過ぎはいけませんわよ」  カレンがお茶持って戻ってきた。お礼を言ってひとつ貰う。 「わかってるよ。たまーにしか食わん」  いざとなったら能力とかで体質改善はできる。  そもそも体調不良ってほぼならないんだよなあ。 「スキルに頼ってはいけませんわ」 「わーってるっての。おかんか」 「意外とだらしないのね。あ、おいし。ちょっとしょっぱいけど」  言いながら人の菓子勝手に食ってやがる。  まあ塩分多いことは認める。  お茶と合うので、今日は食べてしまおう。 「先生はお部屋でごろごろしていることが多いですわ。休日くらいもっと健康的に……」 「いいんだよ。先生は大変なの」  女神界は、あまりうろちょろしていると目立つ。  俺しか男がいないからだ。知り合いの女神に出会うと騒ぎになるし。 「カレン、協力しますよ。私にだけクソゲープレイさせるとはどういう了見ですか」 「あらあら、失礼いたしましたわ」  頑張るなあ……俺とサファイアは完全に観戦モードだ。 「先生でもクリアできないゲームとかあるのね」 「方法はある。けれど、イカサマっぽいもんでクリアしてもつまらん」 「方法ってなによ?」 「俺自身の運のステータスを死ぬほど上げる。これでほぼどんなゲームでもクリアできる。極めたら運を上げずに実力でもできる」 「格ゲーは実力でやってたわね」  格ゲーは運の要素もあるが、読み合いや人の癖を感じることが重要。あと知識。  よって運だけで勝てるほど甘くはない。そこが好き。 「昔は魔王や邪神にも強敵がいたのでしょう? やっかいな敵はいましたか?」 「やっかいなやつねえ……」  つまり単純に強いやつじゃあダメってこと。  絡め手が得意で、凄くうざいタイプ。 「何人かいたけど……あのガキかな。正確にはガキの姿をした悪意そのもの」 「子供? 事案になるからですか?」 「それもあるけどさ。世界を悪意と陰の気で染めて滅ぼす敵がいた」 「そいつどう強いのよ?」 「それまで明るく楽しい世界だったのに、そのガキが来てから暗く、陰鬱とした世界になる。モブがどんどん黒い影に染まり、晴れの日が極端に減る」 「気持ちの悪い敵ですわ」 「最後は仲間と一緒に完全消滅させた。薄気味悪いやつだったよ。強いというより不快ってのが正しいかもな」  それに比べれば、クソゲーもそこそこ楽しめるだけマシなのかもしれない。 「さては誰も私のプレイを見ていませんね?」  ローズがじっとこちらを見ている。いかん忘れていた。 「悪い悪い。どうだ、いけそうか?」 「無理ですね。完全なクソゲーです」  ちょっと疲労の色が見える。回復魔法をかけてやった。 「クリアできる裏技とか、バグでも見つけようとしましたが、クソゲーのくせにバグっぽいバグも見当たらず……」 「さらにイラッとするなそれ」 「わたしもちゃんとクリアできたことないわ」  ちょっと触った感じでもう駄目っぽかったし。  サファイアと俺でもガチでやんなきゃ無理なら相当クソゲーだ。 「別のゲームするぞ」 「今日はゲームでいいのですか?」 「なんかそんな気分。次の時間からは真面目にやろう。レクリエーションは大事さ」 「音ゲーはどう? 音感鍛えるトレーニングよ」 「よっしゃ授業っぽいぜ」 「先生、お気を確かに」  プライベートならサファイアと波長が合うようだ。  ゲーム好きだし、奔放に生きるというのは楽しい。節度は大切だけどな。 「どうせ得意なんでしょ?」 「当然だ。お前らできるのか?」 「曲に合わせて踊るだけでしょう? 私ならばこなせます」 「こういうのは初体験ですわ」  俺とサファイアの指導により、音ゲーで反射神経と音感を磨く。  ローズもカレンも運動できるんで、あとは音感の問題だが。 「ふふっ、こういったものも楽しいですわね」 「余裕ですね。服さえ脱いでしまえばこんなものです」 「ただのストリップだろうが。いいから服を着ろ」  まあ脱ぐわな。絶対脱ぐと思っていたよ。  ちゃっちゃと魔法で私服に戻す。 「はい、交代ですわ。ちょっと冷たいものでもいれてきますわね」 「すまないな」  運動すると熱くなる。それは女神も同じこと。  冷たいものをすぐ用意してくれるカレンは気が利くいい子だな。 「ふっふーん、余裕よ! ゲームでわたしに不可能はないわ!」 「おおー見事なもんだな」 「服が気に入りませんが……まあこの程度ならよいでしょう」  サファイアもローズも見た目は女神だ。楽しそうに踊る二人は絵になっている。  なっているんだけどなあ……どうしたもんだろ。 「駄女神じゃなきゃかわいいのにな」 「なあっ!? ちょっと急になによ!?」 「……………………そうですか…………かわいい……ですか」  猛スピードでこっち向かれた。  新鮮な反応だな。女神だし、言われ慣れていると思ったが。 「おう、そうして楽しそうに踊っていると、女神っぽくて綺麗だぞ」  別に隠すことでもないし、感想くらい言ってもいいだろう。  二人とも無駄に顔が赤いな。踊りはそんなに疲れるか。 「ううぅぅ……なんなのよもう! 今日なんか変よ!」 「これは……どう受け止めるべきなのでしょうか。説明を要求します」  ローズですら顔が赤い。俯き加減から、落ち込んでいるわけではないだろう。 「意味がわからん」 「意味がわからんのはこっちよ!」 「完全にこちらの台詞ですよ先生」  ここまで慌てる意味がわからん。  女神の心理なんて完璧に把握しているわけじゃないしなあ。 「あら、どうしましたの?」  カレンが全員分の麦茶を持って帰還。  みんなでお礼を言って飲み始める。 「いやなんか妙な感じになった。謎だ」 「なぜ自覚がないのですか」 「教師としてまずい感じか?」  理由は分からないが、俺は教師だ。不適切な発言なら直す。  考えている間に、二人がカレンに事情を説明している。 「先生は先生ですわ。ただそれだけですの」 「えぇ……ふんわりとした答え返ってきたー」 「誰にでも可愛いとか言っていると、口説きまわる変態教師の烙印が押されますよ」 「うげ、そりゃきついな」  なるほど、淫行教師と同レベルか。そりゃまずいわ。 「だからわたしたち以外にそういうこと言うんじゃないわよ!」 「お前らはいいんかい」 「他人からの評価、というものに興味がありますので」 「そうですわ! わたくしも含めて三人に言うならば、事情を知っているのですからセーフですわ!」  なにやら熱く語られましたよ。  正直そっち方面には自信がないが、これも教師の務めか。 「わかったよ。とりあえず、さっきのお前らはかわいかった。それでいいだろ」 「わたくしはどうですの!」 「カレンもだよ」 「ざっくりで済ませましたわね」 「真意が伝わっていないのは、幸か不幸か。悩みますね」 「ええいとりあえずゲームするわよ! あんたも混ざりなさい。お菓子食べてお茶飲んでるんじゃないの!」 「へいへい、わかりましたよーっと」  よくわからんが、これも授業だ。きっちりパーフェクト取ってやろうじゃないか。  俺の模範演技は好評で、次の授業まで四人で遊んでいたのだった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!