24 / 71

合格発表後も駄女神だよ

「カレー食べすぎた……ちょっと代わりに合格発表行ってきて」  食い過ぎでベンチに寝転ぶ駄女神一同。アホか。 「行けるかボケ。そんなになるまで食うな」 「不覚です。この私が……あの程度のおでんすら消化しきれないとは」 「牛すじがなかなか噛み切れないのが原因ですわ」 「絶対違うわ。お前らなあ……こっから試験とかあったらどうすんだよ」 「代わりに出て」 「できねえよ!?」  渋々回復魔法かけてやる。消化を助ける効果と、体調を整えてやって、気分が良くなるように効果を追加して……まったく、無駄な手間増やしやがる。 「あー楽になってきた。寝そう」 「寝るなや!」 「ちょっと毛布的なもの持っていませんか?」 「寝るなって!」 「大丈夫ですわ。こう……枕的なものをいただきたいだけですの」 「枕的なものと毛布あったら寝るだろ! 起きろ! もう調子戻ったろ」  俺の回復魔法なら即効性だ。こいつら眠いだけだろう。 「違うわよ。辛いのは治ったわ。ありがと」 「じゃあなんだよ?」 「単純に眠くなったのです」 「違わねえだろ!?」 「お腹いっぱいになると眠くなりますわね」  実は俺もちょっと眠い。眠気なんてカットできるけど、なくすとダメ人間になる気がしている。なので睡眠や食事はとるようにしています。 「いいから行って来い。もう発表だろ」 「はーい」  だるそうに移動を開始する駄女神一同。  二階に行くのが面倒だ。近場から覗いてみようか。 「一階で見られる場所いこうぜ」 「ではご案内いたします」  結果から言うと全員合格していた。よかった。マジでよかった。 「いやったー!」 「ふっ、私の才能が開花し始めましたね」 「先生! やりましたわ!」 「おう、おめでとう。全員中間試験合格だ!」  実は試験が始まるまで、ほぼ落ちるんじゃないかと思っていたよ。  俺の指導が間違っているかどうかも気になっていたので、内心ホッとしています。 「思った以上に体が軽かったわ!」 「成長を感じます」 「全力で動いてみて、初めて自分がどの程度なのか実感いたしましたわ」  体力測定というものが、今の自分を見つめるのに最適だったのだろう。  純粋に喜んでいるようなので、ここは激励しておく。 「凄い成長だぞ。いい傾向だ。そこからさらに自分を超えろ。そうすりゃ自然に強くなる。俺はそうだった」 「先生は少々特殊かと……」 「女神のほうが特殊なのでセーフだ。ってか合格者少ないな」  モニターを見ると、その場にいる女神の数に比べ、合格者が少ない。 「結構難関なのか?」 「どうでしょう? 私の時はもっと多かったように思いますが」 「駄女神が増えてんのかもな」 「深刻ですわね」  お前らもその一端だよ。今日はめでたい日なので、言わないでやるけどな。 「こんなん渡されたわよ」 「女神バトルランクマニュアル? めんどくさそうだな。分厚いし」 「簡単に言えば、下級ランカーはどんどん同ランクと戦い、中級に上がれ。上級は百位からだ。それだけ覚えておけば問題ありません」 「戦い続けてりゃあ、勝手にランクが計算されて上がるのか」  女神界の科学力って凄い。魔法も化学もぶっちぎりで発達して、むしろ一周回って自然を大切にしている。その程度のシステムはいくらでもできるのだろう。 『合格者諸君! まずはおめでとう!!』  モニターにでかでかと映る仮面の女。  仮面にマントで体を隠している。不審者ですか。 「なんだあいつ」 「ランク二位の女神仮面です。圧倒的な強さとカリスマ性で、グッズ展開もされています」  なにやら心構えとかの演説していらっしゃるよ。  まあスタープレイヤーは必要なんだろうし、俺から言うことはない。 「先生の知り合いだったりしないの?」  仮面を外しているが、なんというかこう男装の麗人枠というか、お姉様と呼ばれそうなやつだ。 「いや、完全に知らない女神だ。見たこともない」 「異世界には出向かないようですから、先生と遭遇する機会がないのでしょう」 「面倒なタイプだな。一生会わなくていいや。総員退避」  会場からそーっと退避します。面倒事は避けよう。  ただでさえでっかい面倒を三人分抱えているってのに。  そそくさと外まで移動した。 「終わってみればあっけないわね。武器も使わずに終わっちゃったわ」 「会場でぶっ放すと壊れるだろ」 「どこかで試したいですね。スキルが上がっても使えないと、しょんぼりします」 「一理ある。よし、課外授業だ。しばらくどっか行くぞ」  場所なんてどうとでもなる。女王神あたりに相談すれば、大抵の場所には行けるだろう。 「急ですね」 「あくまで予定だ。行きたい場所あるか? 広い場所がいいな」 「じゃあ海! まだ焼きそば食べてない!」 「覚えてたんだな」  焼きそばは海で食う。そんな暗黙の了解が発生し、家で焼きそばが出たことはない。そろそろ食いたくなってきたな。 「せっかく持ってきた武器が使えないままなのよ。こう、思いっきりぶっ放す機会と、遊ぶ機会を両立させるのよ!」 「武器? そういえば三人の武器を見ていないな。先生に預けているのか?」 「ここよ」  全員アイテム欄から武器を装備。  手元が光に包まれ、武器が現れる。便利なのでできるようにさせておいた。 「メニュー画面を使いこなせるようになってきました」 「これは先生の技術……やはり生徒にしていただきたい!」 「断固拒否で」  めんどいので拒否しておこう。もう独り立ちしてんだろクラリスは。 「みんな海でいいのか?」 「いいですわね海。水着は持っていますし、広い場所ですわ」 「賛成です。私も服というものに慣れ過ぎました。薄着になりたいです」 「そこは慣れっぱなしでいてくれ」  こいつも服に慣れさせないと。でも海だから水着着てりゃいいわけで。  それを狙っていたとしたら策士というやつだ。 「では私が前乗りして焼きそばと海の家を作っておきます。先生と三人はそのあとでいらしていただければ」 「お前はゲーセンと教官の仕事があるだろうが。っていうか付いてくる気か!?」 「ゲーセンは別の女神に譲ります。教官はしばらく休みです。あまりにも仕事をしすぎとのことで、長期休暇中でした。何も問題はありません」 「あるわ! いいから普通に休暇を過ごせ。焼きそばはみんなで作るんだよ」 「お供します」 「せんでいいわ!」  やばい。こいつマジでついてくるぞ。なんとか逃げたい。 「あ、いましたねー! 生徒のみなさーん。ちょっと待つデース!」  なんか聞き慣れた声がしてきた……うおいマジか。これ以上ややこしくすんなよ。 「美由希じゃない。なにやってんの?」 「センセー! お久しぶりデース!」  やっぱり美由希だ。カメラ持ってるし、今日は会場の取材かな。  会場と女神仮面とやらの取材であってくれ。 「またやっかいなのが……ここに来た目的を言え」 「今日はバトルランカー試験の合格者を取材デス。ちゃんとしたお仕事デスよ。いっぱい写真取ったデス」  ちらほらいた合格者の写真を見せてもらった。結構撮るのうまいなこいつ。 「どうやら本当に仕事みたいだな」 「イエース! 女神仮面の写真も取ったデス! 欲しいデスか?」 「いらね。興味ない」  女神の写真もらってどうすりゃいいのさ。しかも色物っぽいやつの。 「先生はああいうタイプお嫌いデスか」 「俺のことはいい。合格者の取材なんだろ?」 「おおう……そこはお仕事デス。三人の写真だけ撮らせてくださいデス!」 「いいわよ。わたしたちだけ撮られないのは、なんか嫌じゃない」 「そうですね。しっかり撮ってもらいましょうか」 「お願いいたしますわ」  どうもちゃんとした仕事っぽいので受けておこう。  他人の真面目な仕事は邪魔しない。こいつらの合格晴れ姿は、写真に収めてもいいだろう。記念になる。 「全員集合写真も撮っておくか。記念になるだろ」 「いいわね! お願いできる?」 「オッケーデース!」  三人がそれぞれポーズを取り、その後三人合わせて一枚。  さらに先生である俺を入れて一枚撮った。ちゃんと人数分くれるらしい。 「悪いな、俺の分まで」 「問題などあるわけがないのデス! センセーとワタシの仲ではありまセンか!」 「先生、美由希・アリアとそれほど深い仲なのですか?」  なんかクラリスが知り合いっぽい口振りである。接点なさそうなのに。 「そもそも美由希を知ってんのか?」 「クラリスさんは、たまーに雑誌の取材をお願いしているのデス。普段はクラリスさんファンの子がやるので、ちょっぴりだけ会ったことがありマス」 「ふーん、まあ二人とも俺が救った異世界担当女神だよ。変な揉め事はやめろよ」  意外な交流ってのがあるもんだな。女神界は広いのに。 「ほほう……やはりクラリスさんもセンセーガチ勢デスか」 「そのようだ。別段不思議ではないだろう」 「なんだよガチ勢って!? 怖いわ!?」  もう疲れたので転送魔法を展開。  危機を感じました。めっちゃだるいことになりそうだ。 「じゃ、写真は後日持ってきてくれりゃあいいから。またな、クラリス、美由希!」 「あ、先生!」 「ちょっと待つデース!」  三人連れて緊急離脱。危ない危ない。  家の前に転送完了。ひとまず逃げ切れたな。 「じゃ、海行く準備でもしようぜ」 「あんたも大変ね……」  生徒に同情された。その日、三人がちょっと優しかったです。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!