22 / 71

定食屋でも駄女神だよ

 手頃な和風の定食屋。なるほど安い値段で小奇麗だ。  四人で靴を脱いで、座敷へ座る。ファミレス以上、料亭未満だな。  なのにメニューが手頃。素晴らしい。これで味が良ければ通うとするか。 「俺は唐揚げ定食で」 「先生と同じものにします」 「私はハンバーグカレーを」 「わたくしはハムカツオムハヤシで」 「わたし焼肉定食ね」  メニュー抱負すぎませんここ。いや嬉しいけどね。 「ここは少々特殊でして、ご飯が麦とおこげも選べます」 「おこげってなに?」 「ザックリ言えば、ちょっと焼いた飯だな」 「チャーハンですか?」 「いや、白米を……いいや、俺が頼むよ」 「んじゃわたしもそれにするわ」  注文して雑談タイム。クラリスのこともしっかり思い出した。 「先生が女神界へ……気づかなかったとは不覚……」 「この前雑誌の取材も来たわよ」 「なんだと!? くっ、まだ買えるだろうか……」 「そこまで欲しいもんじゃないだろ」  ぷるぷる震えている。そんな悔しがられても困るわ。 「そんなことはありません。先生のお言葉を聞き逃すなど、あってはならないこと」 「暑苦しいっていうより、硬いのね」 「ああ、昔からお硬いまっすぐなやつでな。世界を救うために頑張っていたんだが、いかんせん難易度が高すぎた。あれは加護を与えた人間が数人いても無理だったよ」 「本当に……本当に先生には感謝しています。私を鍛えていただいて」 「いいさ、世界を救うのも仕事だし」  順調に強くなっていた俺は、女神を強化したらどうなるかに興味を持った。  そこで、強くなりたいというクラリスを鍛えてみたわけで。  まあ大当たり。こいつはめきめきと成長し、無事立派な女神になったわけさ。 「苦労されて……大変でしたわね」 「だがおかげで強くなれた。先生の強いを通り越してもうキモいパワーは、世界も私も救った。先生への賞賛の言葉は尽きない」  言っているうちに飯が来た。そこそこのボリュームだ。大きめの唐揚げ十個。  キャベツと味噌汁付き。よしよし、結構美味そうだ。揚げたてだとわかる唐揚げもいいグッドだ。 「いただきます」  さっそく全員で食べ始める。いいね。サクっと歯ごたえ。肉汁が少し。  ここでやたら汁が出るやつ嫌い。なのにジューシーだ。うむ、腕がいいんだな。  軽くおこげと一緒に食う。ほほう、こりゃまた白米に合うようになってやがる。 「美味いじゃないか。いい店知ってんな」 「恐縮です」 「美味しい! なにこれ! この焼けた感じ凄いいいわ!」 「揚げ物がちゃんと注文されてから作られていますわね」 「カレーがとことん煮込まれています。いい腕のシェフがいるようです」  みんな好評のようだ。味噌汁も濃すぎない。あくまで引き立て役。  キャベツも多くない。あくまでメインは唐揚げであると理解できている。 「定食なのに下品さがあんまりないわね」 「店のレイアウトや食器、料理の盛り付けなどに気を遣っているのでしょう」 「相変わらずいい味だ。先生の前で恥をかくことがなくてよかった」 「大げさなんだって」  みんなでわいわい飯食うのは楽しいな。  全員過度に騒がないし、最低限綺麗に食う。  最低限なのは定食屋だから。きっちりマナーよく食う場ではないし、俺も飯かっこんでるので、強く言う気はない。 「おかわり欲しいわね」 「よく食うな」 「ちゃんと食べないと強くなれないわよ」 「そうですね、救える世界も救えません」  こいつら人間の男より食うな。食欲があるのはいいことだ。  腹減らして救う世界はしんどいからな。 「グラ子さんが来ても勝てませんね」 「グラ子?」 「ああ、女神ランカーだよ。そいつに負けたんだ」  グラ子の話をかいつまんでしてやる。食い入る様に聞いてくるのに戸惑うわ。 「そちらの三人が……まあ高ランカーは手練揃いです。私も倒すなら苦労します」 「四十八位って言ってたわよ」 「まだ授業は始まったばかりだ。最初から強いわけじゃない。それはお前も一緒だったろ」  言いながらおかわりを注文する。メンチカツあったので頼んでおこう。 「はい。大切なのは強くなろうとし続ける姿勢です。そう教わりました」 「次はもっと強くなって、勝てばいいのですわ」  順調に強くなっているし、まあなんとかなると思う。  グラ子を倒すのは一つの目標になっているみたいだし、いい刺激だな。 「ちなみに私はランク五位です」 「えぇ!?」 「お強いのですね」 「ほー、頑張ってんだな」  メンチカツさんが超サクサクしていらっしゃいますよ。  美味いな。ここたまに来よう。 「はい、少しでも先生に近づけたらと初めたことですが、ランクに応じて給料も出るので」  ランカーについて話してもらった。  女神の実力の底上げと、ライバルを探すために作られたバトルランク。  上位五十位以内ともなると、それだけ強い女神であり、女神界に貢献しているということで、かなりの金が出るらしい。 「俺も給料少なかったら出ようかな」 「先生なら優勝できますわ」 「当然だ。出た時点で優勝が確定する。先生の力は女神などとっくに超えている」 「あんた知り合いの女神から評判いいわね」 「一応世界とか救ったからじゃね?」  勇者やっていた時の偉業とかが積もり積もってんだろ。 「先生は偉大だ。一度でも先生の戦闘を見ればわかるだろう?」 「私とサファイアは、先生がまともに戦っているところを見たことがありません」 「そういえば本気って見たことないわね」 「訓練してやったろ?」 「ぼーっと立ってシールド張ってただけじゃない」  そういやそうか。あの程度なら、できる女神は多い。  強さを誇示する意味がないし。俺は教師。立派な女神にすることが本業である。 「別に強いと思われたいわけじゃねえしなあ」 「私としては、もっと先生の強さに触れ、教育する女神が増えてもいいかと」 「いらん。こいつらで手一杯だ」  三人で限界だよ。これ以上増えてたまるか。胃がぶっ壊れるわ。 「できれば私も先生と戦いたい……今の自分がどれだけ強いのか……」 「五位なのでしょう? ならば充分強いと思われますが」 「あくまでランカーとして参戦している女神の中で五位だ。足りん。先生の強さに追いついていない」 「追いつけたら一位ですわね」 「ふーん、よくわかんないわ」  ちゃっかりおかわりした肉を食い終わっているサファイア。  ローズも追加で頼んだ西京焼きを食っている。ずるいぞ俺にも食わせろ。 「女神女王神様なら、先生の本気を出すに相応しいかもしれません。あの方は殿堂入りされていますし」 「ああ、あいつ本気出せば強そうだったな」 「でも倒しちゃいましたよね?」 「お互い本気じゃなかったよ。あいつはもっと強いはず。なんか使っちゃいけない力があって、縛りがある気がした」  人間相手で油断もしていただろうし、なにかを制御している気がした。  思ったより女神界には秘密がありそうだ。 「一回ちゃんと戦ってみたいけど……もう乗ってくれそうにないな」 「そうですか……本気の先生が見られるチャンスかと思いましたが」 「本気か……出してないな……もう何年も出してないぞ……今どれくらい強いんだろ」 「わたくしの世界では本気ではありませんでしたわ」 「無論、こちらもだ。つまり……現時点での先生の強さがわからない」  自分がどの位置にいるか不明だと、目標が立てられない。  これがかなり不便で、モチベーションが下がりまくる。 「俺もランキング出らんない?」 「無理でしょう。女神ではありませんし、流石に場を荒らすだけかと」 「そりゃ駄目だな。いやみったらしいし、勇者っぽくない」 「初狩りはマナー違反よ」 「わーってるよ。んじゃお前らが出たらどうだ?」  適当に言ったが、これ凄くいい案な気がする。  こいつらには実戦が必要だ。ヴァンパさん戦で才能の片鱗は見えた。  あとはどう訓練を活かす場を作ってやるか。それを悩んでいたところだ。 「そうねえ……ちょっと面白そうね」 「異論はありません」 「もっと強くなる必要がありますもの」 「流石は先生。この短時間で生徒を思いやるその御心……感服いたしました。私から推薦しておきます。遅くとも三日ほどで通達が行くでしょう。改めて闘技場で検査を受け、ランカーになってください」 「何から何まで悪いな。今度なんかしてやるよ」 「本当ですか! では…………くっ! いざとなると絞りきれない!」 「ゆっくりでいいよ。期限はない」  そして完食。かなり食ったな。腹一杯だ。大満足。  会計して店を出る。給料入るまで、俺の財布はかなり寂しいことになった。 「ごっそーさん。またな。ちゃんとお礼すっから、いつでも家に来い」 「はい!!」  ランク戦で駄女神の強さを調べよう。周囲の女神とどう違うか。  細かい差異を知っておくことも必要だろう。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!