12 / 71

取材でも駄女神だよ

「はい、突然ですが女神雑誌の取材が来ます」  いつもの教室で授業をしていたら、カレンにそう言われた。 「こいつらの醜態を晒すのか。むごいことを」 「醜態って何よ!?」 「醜い裸体は晒しません」 「言うと思ったわ!」 「どちらかといえば先生の取材です」  俺の取材。取材されるようなことなんかあったっけか。 「あんたなにやったの?」 「自首しましょう」 「なんもやってねえよ!? まだこっちに来て数日だろうが!」 「駄女神問題に、たったひとりで取り組む人間の教師。まあ注目されているのですよ」 「いやな目立ち方したもんだ。取材なんか受けないぞ」 「女神女王様が受けちゃいました」 「あいつ何発まで殴っても許されるかな?」  本当にろくなことしないな。今度あったらしばこう。俺の精神衛生上よろしくない。 「先生が街に行かないからですよ。ずっと施設内にいるでしょう?」 「そりゃ全部揃うからな」 「そうやって、いつも面倒臭がるから、女神が気にし始めるのですよ」 「絶対さらし者になるじゃん。客寄せパンダみたいになるじゃん」  女神しかいないのにさあ……人間の男とかさあ……街に行きたくない。 「だから取材なんですよ。わたくしがどれだけ苦労したか」 「なんの苦労だよ。取材受けるのも俺だし、お前の世界救ったのも俺だろ」 「いえ、取材なんてみみっちいことをせず、どうせなら街宣車に乗せて、政治家みたいに晒し上げようと女神女王様が」 「ちょっとあいつが五回死ぬまで殴ってくる」  女神女王様なんて呼ばれているんだ。当然不老不死だろう。  不老不死能力さえ消さなければ、死んでも生き返るはずだ。 「なのでわたくしが取材だけにしましょうと説得したのです」 「お前マジでか。救いの神だな」 「女神ですから」 「おぉ……超ひさびさに女神に見えたぞ」  まるで冒険後半の、使える女神時代に戻ったようだ。後光がさしてやがるぜ。 「駄女神だけどねー」 「駄女神ですね」 「ちょっと加護が使えなくなっただけです!」 「そうだそうだー。カレンは立派な女神だぞー」 「感情こもってませんよ先生」  うっさい。ちょっと恥ずかしかったんだよ。いいじゃんフォローしたし。 「調子いいわねえ。で、取材っていつからよ?」 「もうすぐですよ。ここに来るはずですが」  そこでイノシシが全力ダッシュしているような音がする。  廊下からか。そう思った時には勢い良くドアが開き、俺に向かって飛び込んできた。 「セーンセエエエェェェ!! お久しぶりデースううぅぅぅ!!」 「うおおおぉぉぉ!? なんだお前!? 敵か!?」  俺の腹に飛び込んできた。いきなりだったので受けるしかなかった。  俺以外なら死ぬぞこれ。 「本物の……本物の先生デスよね!」 「てめえまず全力タックルぶちかましたことについて、なんかねえのか!!」 「ああ、先生だ! これ先生だ! うわっほおおおぉぉいい!」 「いいから離れろやアホ!!」  無理やり引っぺがす。テンション高いなクソが。なんだよこいつ。  ふわふわした赤くて長い髪。俺の胸に顔が来る程度の身長の女だ。 「どうなってんのこれ?」 「さあ、私にはさっぱりです」 「わたくしも……よくわかりません」  三人が困惑している。もう不審者としてつまみ出そうかなこいつ。 「なんで女神界に来たのに、街に来ないんデスかこの人はああぁぁ!」 「静かにしないと殴るぞ。強めに」 「ごめんなさいデス」  誰だか思い出せない。なんかイントネーションに聞き覚えがあるような。 「でもでも、センセーがいつまでたっても、街に来ないからいけないのデス」 「なんで俺のせいだよ。自由だろそんなん」 「女神界にいるなら会いに来て欲しかったデス」 「もしかしてお知り合いですか?」 「いや、知らん」  完全に身に覚えがない。こんなやついたか? 誰だっけマジで。 「なんデスとー!? 忘れるとはどういうことデース!!」 「やっぱり知り合いなんじゃないの?」 「センセーとの楽しかった日々は忘れませんでシタ! あんなに一緒だったのに! 思い出をどこかにポイっと捨てるなんてひどいデース!」 「ポイっとな」  知らん女がうるさくて、面倒だったので窓から捨ててやった。 「オオウノオオゥゥゥ!?」 「はい。授業やるぞー」 「女神はポイ捨て禁止デース!!」  一階なので怪我とかはない。だがうるさい。果てしなくうるさい。 「落ち着け。俺の知り合いにそんな騒がしいやつはいない。カレン、取材ってこいつか?」 「いいえ、違う女神のはずですが」 「センセーに会いたくて代わってもらったデス! 険しい道のりだったデス。ジャンケン勝負も、くじ引き勝負も、女神の意地をかけた戦いでした」 「こんなうっさいやつ……覚えてないはずが……俺の救った世界にいた女神だよな?」 「本当に……忘れたのデスか?」 「うっ……」  なんで泣きそうなんだよこいつ。なんだろう見覚えがある気がする。 「あーあ、なーかしたー」 「薄情な先生ですね」 「ダメですよ先生。ちゃんと思い出してあげないと」 「すまん。名前を教えてくれ。容姿が変わっているかもしれない。お前がガキの頃だったらわからない」 「美由希デス。美由希・アリアと申すデス」  ミユキ……美由希……あぁ……ちょっと思い出しかけてきた。 「割と文明の進んだ世界で……なんだっけな……魔王じゃなくて悪の秘密結社とか潰していた時期だったような……」 「時期の問題なのですか」 「秘密結社に飽きたら、魔王がいる世界中心に救ったりしてた」  もう一度美由希を見る。整った体で、サファイアにちょっと負けるくらい。  女性としちゃ尋常じゃなく綺麗な部類なんだけど。 「加護を与えたものと、ロボットに乗り込んで戦う世界デス」 「思い出した。宇宙でロボット乗り回してた時だ」 「文明進みすぎでしょ」 「本当に忘れていたのデスね」 「いやだって、お前もっと小さかっただろ。中学生くらいだったじゃねえか。二十歳超えるくらいまで成長してりゃわかんねえよ」  あの頃と髪型も違うし、そもそも長年会っていないからな。  救った世界が多すぎて、よっぽどのことがないと昔の女神から忘れていく。  仕方ないね。うん、仕方ない。 「悪のロボとかを一緒に潰していた。懐かしいな」  そうか美由希か。思い出ってやつは、一度溢れ出すと止まらない。  美由希と戦った日々が走馬灯のように駆け巡る。 「センセーがいなくなってからも……その思い出とともに、私の心の中でセンセーは生き続けています」 「普通に生きてるけどな。死んでないぞ」 「センセーに取材……二十四時間密着取材!」 「おいカレン。どういうことだ」 「二十四時間ではないです。あくまで授業の一時間だけです」  二十四時間女神と一緒とか死ぬわ。俺の心が壊れる。 「密着取材がいいデース! せめて密着だけでも!」 「暑苦しいからやだ」 「なぜデース!?」  マジでうるさいこいつ。そんなに取材したいかね。 「ちょっともう取材だけ受けちゃいなさいよ」 「うるさくてかないません」 「わかったから取材だけして帰れ。もしくは帰れ」 「仕方がありません。ではセンセーにお聞きします! 好みの女神のタイプはどんな女神デスか!」 「なんで一発目がそれなんだよ!」 「これは他の子からも、絶対に聞くように言われているのデス!」  女神って何考えて生きてんだろうな。こいつらの思考が読めない。 「ねえよそんなもん。女神の好みってなんだよ? 戦闘関係か? どんなスキル持ってるとか?」 「見た目と性格の話デス!!」 「見た目ねえ……別に普通にしてりゃ、迷惑じゃない。性格もダメじゃなけりゃ、俺が世界を救えばいいし」 「それは世界を救うのに楽かどうかデス! 好みではないデース!」  好みねえ……全然わからん。一緒にいて面倒なやつは除外だな。 「悪いピンとこないわ。考えたことがない。とりあえず、ここにいるやつら以外で」 「どういう意味よ!」 「訂正を要求します」 「あはは……まあそうですよね……ふりかけしか出せませんからね……はは……」  駄女神がうるさいけど気にしない。美由希の意図がわからんな。  聞いてこいってことは、誰かが指示を出したんだろう。  普段男がいないから、浮足立っているってとこかね。 「まあ俺の評価なんて気にしなくてもいいんじゃないか? 好みのタイプなんて人それぞれだ。俺の意見が男の総意じゃないしさ」 「なぜ……なぜここまで言って伝わらないのデス……」  がっくりと膝をつく美由希。よくわからんが答えがお気に召さないらしい。 「ええいもう次いくデス! まだまだ取材は続くのデスよ」 「わたしもう帰っていい? ネトゲの続きあるから」 「ダメデス! 生徒にもインタビューするのがお仕事なのデス!」  まだ続くらしい。とっとと終われ。帰って授業のプランとか立てたいんだよ。  俺の願望を跳ね飛ばすように、ここから美由希のテンションが上っていくのであった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!