3 / 71

加護を与えても駄女神だよ

 教室から徒歩十分。なんとも趣のある高級温泉旅館があった。 「おおー。これはテンション上がるな」 「日本でも有数の老舗高級旅館を再現しましたからね。しかも古い部分は新築のため綺麗に!」  美しい家屋には、確かに染みや汚れが見当たらない。  庭木もよく手入れされている。かなり好みだ。 「へえ、いいところじゃない」 「作ってくれた女神に感謝だな」 「さ、部屋を案内します」  当然中も広い。ロビーがあって、そこから各自の部屋へ。  建物は一階しかないようだ。 「四人暮らしなので、部屋は四つ。ロビーとリビング。大浴場と露天風呂に、遊戯施設。こちらはゲームセンターや卓球場ですね。厨房と武器庫。トイレと、必要があれば増設もできますので、希望があれば一週間後から受け付けます」  いいね。風呂が二種類あるのは嬉しい。風呂は異世界でも楽しめるものの一つですよ。  よしよし、ここに来てよかったかもしれないぞ。 「迷わないようにマップはゲーム式です。どうぞ」 「すまない」  カレンにマップを受け取り、その瞬間にはもう俺の手から消える。 『自宅マップを手に入れた』  メッセージウインドウが出たので、これからは見たいと思えば空中にマップが出る。 「なんですその技術は?」 「なにそれずっこい!」  二人が関心を示している。まだそういう世界の経験はないのかもしれない。 「ゲーム式の異世界に派遣されたことはないのか?」 「ありません」 「わたしもないわ」  不便なのでやり方を教えてやろう。ゲーム世界は便利な技術で溢れている。 「初授業ですね」 「まさかこんな授業になるとはな」  まず二人にマップを渡す。カレンはできたので問題なし。 「ゲームやってんならわかるだろ? マップを手に入れたら、それを記憶する。そして世界に投影する。メニュー画面を出すのと一緒だ。心のなかにマップボタンを作れ」 「よく見る……マップを見る……」  マップをくるくる回転させたり、じっと見つめている。  最初はよくわからないよな。ぶっとんだ理論は受け入れるまでに時間がかかるか。 「ボタンねえ……ネトゲのショートカットキーみたいなもの?」 「近いぞ。っていうかイメージしやすいならそれでいい。大切なのはマップが出せることだ。必ずF1キーでやれとか言うつもりはない」 「意外と融通きくのねあんた」 「そりゃ死ぬほど異世界巡ったからな。常識なんざ無駄よ無駄」  固定観念や、こうであるべきという押し付けは迷惑にしかならない。  世界ごとに常識なんて完全に違う。柔軟性は大事よ。 「マップなんだからMキーよね。こういうのは感覚よ」  右手でキーボードを叩く動作をするサファイア。  慣れた手つきだな。ゲーム全般が得意なんだろう。  こいつはゲームや漫画で例えた方が教えやすそうだ。 「こうぱぱっと……あ、できた! できたわ!」 「いいぞ。やればできるじゃないか」 「二回叩くとズームとかこう……あ、できる!」  使いこなしているな。自分の中の常識や概念と照らし合わせると便利だ。  カスタマイズは好きにやらせよう。 「難しいものですね」  一方ローズは戸惑っているようだ。あまりゲームをしないタイプらしい。  俺の初授業だ。なんとか二人ともできるようにしてやろう。 「投影魔術はできるか?」 「はい。それでしたら」 「よし、なら写真の要領だ。記録を転写しろ」 「なるほど。こうですか?」  マップを記録し、魔術で記録を空中に出す。  なるほど、詠唱もなくささっとできるか。魔力が高いだけある。 「そこから更に改良を加える。俺の加護を与えよう」 「人間が女神に加護?」 「そういうスキルを作った。先生やるなら便利だろ? お前らのやっていることと同じさ」  やるならこれが一番だと思ったので、せっせと歩きながら作ったさ。 「女神の加護を自作!?」 「教師に選ばれるだけのことはありますね」 「だろ? ゲーム式画面レベル1を与える」  ローズの体がちょいと光り、それだけで付与完了。 「レベル1?」 「マックスまで与えたらサボるだろ。自分に馴染んでいない加護なんて、別世界に行ったら無効化される可能性もある。最後は自分のものにしろ」  これも経験談である。前に今までの世界の特殊能力を無効化されたことがあり、仕方がないので魔王を単純な腕力でぶっ飛ばした。 「投影魔術をやらせたのは、感覚を掴んで欲しいからだ。もう一回、サファイアみたいにやってみな」 「魔術ではなくマップ……ボタン……ピッと……できた!」  無事マップが出る。今度はちゃんとゲーム式だ。 「おおぉぉ……これがゲーム式マップ表示」 「よしよし、うまくいったな。偉いぞ」  目を輝かせているローズが、昔のカレンと被った。  自然と頭を撫でていた。それに気付いたのは、ローズが驚いた顔で俺を見ているから。 「おっと、悪いな。カレンの時のクセだ」 「いいえ、指導はためになりましたし。嫌な気分ではありませんね」 「なーんかわたしよりローズの方が褒めてもらってないかしら?」 「お前はさらっとできたしな」 「つまり更に凄いのよ! 褒めて伸ばしなさい!」 「はいはい凄いよ。実際感覚でできるのは才能だ」  伊達に女神界トップの娘じゃないな。ちゃんと伸ばせば強くなりそうだ。 「これにて初授業は終わりだ。カレン、このあとの予定は?」 「はい、夕飯ができていますので、温めればすぐにでも……」 「食べる!」 「私も食べます」 「食い意地張りやがって。じゃあ飯にするか。旅館だし和食か?」  カレンと旅した世界は米はあったが完全な和食は存在しなかった。  そろそろ食いたくなってきたし、ちょうどいい機会だろう。 「カレーです。ナンとライスが選べます」 「……ナンで」  まあカレーはいつ食べても美味いよ。  全員でテーブルにつき、カレーを食べ始める。 「美味しい! カレンって料理できるのね!」 「俺が教えておいた。旅で必要だと思ったからな」  真心込めてじっくり煮込まれている。  味を通してカレンの優しさと料理へのこだわりが伝わってきた。  深みがあるのにくどくない。多種多様なスパイスを巧みに使い、一つの味に昇華させている。素晴らしい。 「いい味です。よく煮込まれている。無駄に具を入れないあたりが良いですね」  正確には具を極限まで煮込んでルーと混ぜてある。  だから濃厚な味と、肉だけが入っているように見えるのだ。 「カレンの料理はいつ食っても美味いな」  味付けが俺好みなのもポイント高い。旅の途中でいつの間にか覚えられた。 「先生のおかげですよ。ふりかけいります?」 「カレーにか?」 「それもそうですわね」 「また今度に……おお?」  俺のナンがない。まだ半分残っていたはず。  視線を彷徨わせると、ほっぺを膨らませてナン食ってやがるサファイア。 「お前ライス食ってたよな? そのナンはどっからもってきた?」 「女神への貢物よ」 「返せ意地汚い」  そこでナンが完全に消えた。食ったわけじゃない。消えた。 「ふっふっふー、便利な力ね、これ」  メニュー画面のもちものにナンを入れ、そこから出して食ってやがる。  こいつもうメニュー画面を使いこなしてやがるのか。 「食事の時は禁止な」 「そうですか。それは残念です」 「おかわりはいっぱいありますから」 「仕方ないわねえ」  食事くらいゆっくりしてくれんもんかね。これから毎日騒がしくなりそうだ。 「辛いものを食べると熱くなりますね」 「そうだな」 「熱いので脱ぎますね」 「着てろや!」  本当にゆっくりしたい。早く風呂入って寝よう。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!