8 / 167

真夜中のラジオ 7

 森高町子は、何を基準に安全だと判断したのだろうか。その男性に信頼できる何かがあるのだろうか。少し疑問に思いながらも、輝は森高のほうへ向かっていった。 「見るものよ、それが戻すものなのか?」  こちらに向かってくる輝を見て、その男性が口を開いた。すると、森高は真剣な顔を男性に向けた。 「まだわかりません。素質があるのはわかるんだけど、まだピンと来ないんです」  森高がそう言うと、男性は一言、そうか、とだけ言って口を閉ざした。輝が来ると、その男性と森高は自分たちの前にある一軒の家を見上げた。そして、二人頷きあうと、玄関にあるチャイムを森高が押した。  しかし、しばらく待っても誰も出てこなかった。 「見るものよ」  男性は、そう言って森高の肩に手を置いた。 「中に何かの気配はするのだろう」  森高は、頷いた。  先ほどからいったい何なのだろう。森高が空を翔けた件といい、今回のこの男性のセリフといい。そもそも“見るもの”とはなんなのだろう。  輝は不思議に思いながら二人を見ていた。すると、輝の背筋にいきなり悪寒が襲ってきた。それは、次第に強くなっていき、体中を覆っていった。輝は我慢できずにその場に膝をついた。 「高橋君?」  輝の突然の異変に、森高は驚いて、膝をついた輝の肩に手を触れた。そして、彼女自身もその変化に驚愕した。 「高橋君、いえ、輝、あなたやっぱり」  そう言い、こちらを見下ろしている男性とともに頷きあった。森高が輝を支えて立ち上がらせると、輝は少し気分がよくなった。しかし、安心している暇はなかった。男性が、声を緊張させてこう言ったからだ。 「見るもの、戻すものよ、客人が来たようだ」  男性の声に二人が周りを見渡すと、家の周りにはすでに何十人もの人間が待機していた。いつの間に囲まれたのだろう。この家の近所の人間もいれば、学校の人間もいた。輝のバイト先の人間までもが輝たちを囲んでいた。  彼らは手にバットや鉄アレイ、包丁などを持っていた。中にはどこから持ってきたのか、たいまつを持っている人もいた。彼らの瞳はひどくうつろで、光を失っていた。 「これは」  彼らに殺意はない。普通の人間なら感じるはずの恐怖を輝は感じなかった。ただ、違う意味で危ないものを、感じ取っていた。 「操られている。でも誰に?」  輝が言い終わらないうちに、男性が動いた。  輝と町子を庇うように二人に覆いかぶさり、アスファルトに両手をついた。  その瞬間、三人の上をナイフが飛んでいき、家の壁にはじかれて地面に落ちた。誰かが、ナイフを投げた。それも自分たちとは異質の存在である輝と町子、そして例の男性に向かって。  危ないところだった。下手をすればナイフの一撃で大けがをしていたかもしれない。二人が礼を言おうと男性を見上げたその時。  彼は、厳しい顔をしてこう言った。 「まずい、火がかかったぞ!」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!