167 / 167

傍観者たち 6

 エルとモリモトが、アースと交代する時間が来て、部屋の中にいたナリアとアースは外の庭園に出ていった。陽はとっくに暮れ、夕闇の中、ぽつぽつと灯り始める家々の明かりを見ながら、アースとナリアは庭の真中の噴水の淵に腰かけた。 「なんで来た、そう言いたそうな顔ね」  アースは両腕を膝の内側に垂らし、明かりの灯る集落のほうを眺めていた。ナリアはにこにことしながら、アースのその顔を見た。 「ナギのことでしょう。彼女があなた自身であることを、まだ輝さん以外には告げていない」 「輝には、ナギが告げた」 「そうでしたね。ナギに聞きました。彼女はもともとあなたの一部、女性の姿を取ったあなたの一部だったはず。だから同じ空間には同時に存在できなかった。しかし、彼女が一人の人格として目覚めたときから、あなたは彼女を自身から切り離すことを決めた。そして、今のナギがいるのですね」  アースは、頷いて、頭から髪の毛をかきあげた。 「そうそう、思い通りにはいかないものだな」  すると、ナリアはくすりと笑った。 「私たちが物事を思い通りに進ませてしまえば、支配者になってしまいます。それは嫌ですよ」 「そうだな」  アースとナリアは、そのまましばらく黙って夜空を見上げたり、遠くの灯りを見つめたりしていた。ナリアとアースはよく似ていた。だが、全く違っていた。もともとは一つだったものが二つに分かたれた存在。二人はそういう存在だった。 「月の箱舟のことについては、調べさせてもらいました」  静寂を切り裂いたのは、ナリアだった。 「あなたにとって荷が重いとは思えません。しかし、もっと、他人を頼らなければ、あなたが崩れてしまいますよ」  ナリアはそう言って、アースを見た。少し、寂しそうな顔をしている。  アースは、これまで何人もの人間をこの件に巻き込んできた。そういう考えが強かったものだから、なるべく自分の力をフル活用して解決しようとしていた。  しかし、事は地球のシリンだけの問題ではなくなっていた。そもそも、アースも巻き込まれたクチだ。これはすでに皆の問題だったのだ。 「分かってはいるのですね」  アースは何も言わなかった。ナリアが頭を肩の上に乗せてくる。アースはそれを拒まなかった。ナリアは姉であり妹。双子の存在だったからだ。 「そろそろ、あなたも感じる頃でしょう」  そう言って、真剣な顔をしたナリアは、その瞳でまっすぐ上天を見た。 「感じている。すでに」  アースは、そっとナリアから離れて、立ち上がった。 「ナリア、ここに三人が揃うことがどういうことか、分かっているんだろうな」  ナリアは、頷いた。そして、上天を見るのをやめて、アースをしっかりと見た。 「ナギのこともあります。ここは戦力を整えるのがよろしい。月の箱舟は、待ってはくれないのですから」
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

乙女ゲーの世界に入ってしまった平子睦実。だが、ヒロイン素質が足りなさ過ぎて……
完結済/40話/112,209文字/0
2017年11月14日
完結
残月
暁の星に移住した地球人の放つ瑠璃色の光彩。そしてその力の拮抗。
4
3
完結済/46話/125,183文字/32
2017年10月17日
これは、地を這うトカゲが、竜になるまでの物語。
5
5
2
25
完結済/38話/133,996文字/20
2018年1月4日
少年少女の成長ストーリー。
完結済/130話/174,099文字/0
2018年5月24日
宇宙を旅するヘンテコ三人組の家族譚
1
連載中/26話/184,171文字/31
2018年5月7日
ある人形ショップで、のび太が人形師より、ジャンヌという名の人形をもらうが、これが事件を起こしてしまう
8
5
2
完結済/9話/46,521文字/0
2020年11月29日