1 / 167

第1話 真夜中のラジオ 序

一 真夜中のラジオ  真夜中にかかるラジオはなぜか特別な感じがして、胸が高鳴ったのを覚えている。受験勉強をするとき、または、深夜の仕事の帰り道に車の中で。誰もが一度は聞いたことがあるのではないだろうか。人によって真夜中のラジオとのかかわり方は違うものだろう。だが、そこにある確実な安心感と、冒険心をくすぐる何かは感じたことがあるはずだ。  そんな感覚を感じられる感性、心。そんなものがまだ備わっていたころの話を、これからしようと思う。  高校二年生になったばかりの高橋輝(たかはし あきら)は、夜十時まで、飲食店でアルバイトをしていた。朝早く学校へ行き、サッカー部の練習を朝と放課後にこなしてからアルバイトに行っていた。休む暇もなく職場へ行ってしまうので、学校で行う授業の予習や復習は帰ってから深夜にやっている。寝るのは十一時半を回ってしまう。同じ家に住んでいる母親もパートに出ていて、朝早くから夜遅くまで仕事をしている。輝ほど派手な仕事ではないが、電子部品を組み立てる工場の勤務は毎日忙しかった。父親は、輝が幼いころに交通事故で亡くなっていた。母は父のことが忘れられないのか、職場に出会いがないのか、再婚はしていない。  輝は、飲食店のアルバイトを十時に上がってくるので、帰宅すると、どうしても時間は深夜になってしまう。母が夕食のおかずとおにぎりをテーブルの上に置いてくれているので、それをもって自分の部屋に行き、真夜中にかかるラジオを聴きながら勉強をしていた。だから、母とは朝に少しだけ会話を交わすだけで、ほとんど会うことができていない。ハードな仕事で疲れ切った母は、輝が帰る少し前には寝てしまうからだ。  真夜中のラジオからは、軽快な音楽とともに、少しテンションを抑えたパーソナリティーのアナウンスが聞こえてくる。真夜中、普通の人間ならば眠りに落ちているこの時間が、輝は何とも言えず好きだった。  ラジオを聴いていると、一日の疲れが吹き飛んでいくようだった。なぜかその、一人で過ごす深夜の時間に安心を覚える。  そんな真夜中のラジオは、輝にとって特別なものになっていった。  毎日の生活の中に欠かせなくなっているものの一つになっていったのだ。  しかし、ある日から、輝は、真夜中のラジオを聞かなくなった。  それは、ある少女との出会い、そしてそこから広がる人間たちとのつながり。そのつながりがきっかけで発覚したある事件がきっかけだった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!