42 / 167

パレスチナの月 3

『ジブリールの聖地』  そう呼ばれている地区がある。  それは、このパレスチナに来て初めて耳に入った大きな噂だった。聖地と呼ばれるほどのものなら、何かがありそうだと思い、そこへ行こうとしていた。フォーラの目的も一緒だった。その矢先に青年の口から出てきたのは『パレスチナの月』だった。  青年は、ジブリールの聖地から来たという。名はマフディ。きれいな金色の瞳が印象的な青年だった。彼は、ジブリールの聖地が聖地となった顛末を全て知っていた。そして、その上で輝たちにこう言ったのだ。 「あの地区が聖地になってしまったおかげで、パレスチナの月は失われてしまった。どうか、それを取り戻してほしい」 「取り戻せって言ってもなあ」  シリウスは、ちらりとマフディを見た。この金色の瞳、どこかで見覚えがある。さらにシリンの気配すらするのに、それを必死で抑え込んでいるような感じだ。  フォーラも同じことを感じたのか、シリウスに目配せをして合図をした。そして、フォーラのほうが口を開いた。 「そうね、あなたがその正体を明かしてくれたら、考えましょうか」 「正体?」  町子が訊いたので、フォーラは頷いてから、マフディのところへと寄っていった。そして、その手を取ると自分の胸に当てて、マフディをじっとみつめた。 「何をするんです、はしたない」  マフディは、そう言ってフォーラの手を振り払った。 「あら、何も感じないの? おかしいわね」  きょとんとした表情を見せるフォーラの後ろで、シリウスが激しく噴き出した。 「お前、それ天然にもほどがあるぜ!」 「天然?」  マフディは、その言葉の意味を理解できずに、ただ、笑われたことに対して不愉快な表情を見せた。自分の手を見て、自分の今の行動を振り返る。  なんの間違いも犯していない。  そう思った。だが、彼がやってしまったのは間違いでも犯罪でもなかった。 「どんなに禁欲を決め込んだ坊さんでも、こんなでかい胸の女の胸の谷間に手を入れられたら、少なくとも赤面くらいはするぜ。普通の男ならうろたえるだろうな。それを、顔色一つ変えずに、はしたない、なんてな。自分の正体バラしているようなもんだぜ」  シリウスの言葉に、マフディは落胆して地面に膝をついた。  やってしまった。  シリンとして生まれ、長い間人間の中にいて、人間のことをよく理解したつもりでいた。しかし、ツメが甘かった。 「分かりました。それでは、場所を変えましょう。ここで正体を明かすには人が多すぎる」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!