32 / 167

粉挽き小屋 7

 マルコが外に出ると、そこにはもう四人のボディーガードが倒れていて、残るはアントニオだけになっていた。四人ボディーガードを連れて行けば、よほどのことがない限り自分が傷つくことはないだろう、そう踏んでいた。  誤算だった。  まさか、こんなにあっさりやられてしまうとは。  しかし、誤算という逆風もマルコの登場によって収まっていった。むしろ、追い風が吹いたと言っていい。 「マルコ!」  そう言って、アントニオは笑った。 「愚か者め! 自分の好きな女性一人守れないで、こんなところで強ーい人たちに守ってもらっていたんだな! 恥を知れ、この田舎者!」  セインとクチャナは、ゆっくりとアントニオの前に出てきたマルコに道を開けた。 「いいのか、マルコ?」  クチャナの問いに、マルコは頷いた。クチャナはなぜか少しうれしそうだ。 「私たちはもう、君を守ることはできないが」  セインの言葉に、マルコはもう一度頷いた。そんなマルコを見て、セインも少しうれしそうな表情をした。 「戦います」  そう言ってマルコは笑い、セインとクチャナの間を抜けてアントニオと対峙した。 「お前もとことん哀れだよな。変な噂は流れるし、粉屋の爺さんには見捨てられるし。まあ、あんな田舎者のじいさんの作った粉なんぞ、使うに値しないけどな。俺はルフィナが手に入ればそれでいい。さあ、ルフィナを出せ。いるんだろ?」  アントニオは、そう言ってマルコを挑発した。しかし彼はそれには乗らなかった。今のマルコは冷静だった。どこまでアントニオを憐れむことができるか。どこまで彼の挑発に乗らずに怒りを制御できるか。それが勝敗を分ける鍵だった。 「アントニオ」  いったん深く深呼吸してから、マルコは静かに話し出した。 「僕はパン屋だ。だから、パンのことしかわからない。君のように世界中を飛び回る富豪でもないしお金もない。田舎者というなら言えばいい。だけど、だからこそ分かることがある。 ルフィナのお父さんの粉が仕入れられなくなってから、他のあらゆる粉を試してパンを焼いてみたが、納得いくものはできなかったよ。中には町で仕入れたものもあったし、友人のつてで輸入したものをブレンドして使ってみたりもした。だけど、ルフィナのお父さんが挽く粉以上に、僕の作るパンに合った粉はなかった。 ぼくにとって、あの粉は特別なんだ。あれ以上に素晴らしい粉はないよ。だから、ルフィナのお父さんに怒られて、当然のことなんだと思った。もし、他の人があの粉が良くないものだといったとしても、今度は、僕があの粉の良さをパンで証明する番だと思っている。君があの粉挽き小屋を、そんな理由で壊そうとしていたとしたら、僕は今までで最高のパンを焼いて人々に配り、それを阻止してみせよう。 それと、残念だが、ここにルフィナはいない。僕ひとりだ」 「フン」  マルコの言ったことが気に入らなかったのか、自分の挑発に乗ってこなかったのが悔しかったのか、アントニオはマルコが話している途中から、嫌悪感をあらわにしていた。 「君とはやはりそりが合わないな。だけど、ルフィナを手に入れるのは僕だ。お前みたいな田舎者に付きまとわれているより、僕のものになって世界中を飛び回ったほうがはるかにいい」  アントニオがそこまで語ったその時。  凛とした声が、彼の言葉を遮った。 「私は誰のものでもないわ、アントニオ!」  ルフィナだった。 「アントニオ、何を考えているのか、あなたの頭の中は丸見えよ。あなたは私を宝石のように扱い、自分の思い通りにしようと考えているのね。そんな小さい男のところには私は決してなびかない。そして、人は誰しも、誰のものでもない。だから私はアントニオのものにもならないし、マルコのものにもならない。そうでしょ、マルコ」  ルフィナはそう言ってマルコを見た。その様子を、輝と町子は固唾をのんで見守っていた。  マルコは、ルフィナの、この言葉に頷いた。 「ルフィナは、僕のものではないよ」  すると、今度はアントニオが高笑いをした。  腹を抱えて涙まで出して笑い転げていた。 「馬鹿な奴らだ!」  笑いの合間に、アントニオは言葉を口にした。 「女は、所有者が俺のものだっていえばそうなるんだよ! きれいごとを並べたところでそれが現実ってもんなんだ。この土地はいずれ俺たちのものになる。そうしたら、あのボロい粉挽き小屋などぶち壊して更地にしてやる!」  アントニオはマルコを指さしてなおも笑っていた。  すると、そのアントニオの足を勢いよく踏む者がいた。  バルトロだった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!