26 / 167

第3話 粉挽き小屋

三、粉挽き小屋  セインとクチャナを伴って英国に帰った輝たちは、ロンドン郊外の田舎にある屋敷へと二人を案内した。そこは一つの豪邸で、きれいに整備された広い庭のある屋敷だった。田舎にあるためか、垢抜けていて、都会にありがちな暗さやカビ臭さは感じられない。その豪邸には部屋がいくつもあり、その部屋のうちの一つを輝や町子、そして町子の友人である友子や朝美も使っていた。  セインとクチャナが一緒に帰るとあらかじめ告げていたので、お菓子作りの得意な友子がクッキーを焼いておいてくれた。朝美は友子に教わって、お茶を淹れて待っていた。  町子と輝、セインとクチャナが屋敷のロビーに入ってきて席に着いた。フォーラは奥の部屋で誰かと電話越しに話していた。町子の後ろにはいつもテンがいたが、朝美や友子には見ることができなかったので、静かにしていた。朝美は照れながら皆の前にお茶を出していく。 「日本のお茶ですけど」  英国というと紅茶、そうイメージしていた朝美はそう言って煎茶を出した。しかし、セインは首を横に振って出された煎茶を口に含んだ。そして、朝美に笑顔を返した。 「この英国も、もともとは中国から輸入して緑茶を飲んでいました。紅茶を飲み始めたのは近年になってからですよ。ですから、日本の煎茶はかえって新鮮です」  セインは、かなり長い間英国に住み、最近になって世界をめぐりやすくなってから、しょっちゅうそこら中を駆け巡っていた。そんなセインが言うことなのだから間違いはないのだろう。 「それで、セインさん」  優雅なティータイムの時間を切り裂くように、輝が口を開いた。輝は、せっかく出されたお菓子やお茶には目もくれていない。それを見て、朝美が不満そうな顔をした。 「その、クエナってシリンの女の子は、どこへ行ったんです?」  輝の問いに、セインは湯飲みをテーブルの上に置いて、真剣な顔をした。 「私たちにもそれは分からない。クエナの住んでいた村の人間が、黒ずくめの男たちを見た、と、手掛かりはそれだけなんだ」  続いて、クチャナが悔しそうな顔で話し始めた。 「クエナが攫われた時、私がいれば、とも思った。しかし、そんなことは誰にも予測できるものではない。セインにそう言われて、熱くなっていた頭が冷めた。いまは、少しでも手掛かりが欲しい。協力してほしい」 「協力って言っても」  横で見ていた朝美が、腕組みをした。そして、輝や町子を眺めて、その瞳をセインやクチャナのもとへ戻した。 「具体的に輝や町子がなにをしたらいいのか、わからないんじゃ、どうしようもないよ。他に、手掛かりはないんですか?」  すると、セインもクチャナも少し、考え込んだ。目の前にある紅茶は冷めてしまっていた。クッキーには手を付けていない。それどころではないのは分かっていたが、友子も朝美も少し寂しくなって、顔を見合わせて苦笑いをした。  すると、しばらく考え込んでいたクチャナが、口を開いた。 「イタリアへ行ってはどうか」 「イタリア?」  輝が返すと、セインが、そうか、と言って表情を明るくした。 「イタリアのナポリ近郊に、クリスフォード博士の研究室がある。そこに何かあるかもしれない。君たちには連日の渡航になってしまうかもしれないが、行ってみる価値はありそうだ。どうかな?」  セインの提案に、輝が了解を出そうとしたその時、町子が立ち上がって輝の前に出た。 「ちょっと待って、セインさん。調査に行くだけならお二人だけでも十分なはずです。私たちがいく必然性がありません。転校先での授業もかなり遅れているし、そう何日もここを空けてはおけません」  その行動に、輝は驚いた。いままで町子は周りに言われるがままに動いていた。それを信じて疑うことがなかった。今のように意見することはなかったのだ。  あのとき、青い薔薇のシリンであるローズのことで別れた時、輝は変わった。それと同じように、町子も変わったのだろうか。  町子の意見に、セインとクチャナは互いに頷きあった。 「町子、よく言ってくれたね。でも、私たちにも、あなたたちに来てほしい理由がある。見るものや戻すものでないと解決できない問題があってね。私たちのような明らかなシリンでは駄目なんだよ。だから、一緒に来てほしい」  自分たちにできること、自分たちにしかできないこと。  輝は、立ち上がったままの町子をそっと見た。すると、町子は視線をこちらに返してくれた。どうやら、考えていることは一緒らしい。 「条件があります」  輝は、町子を座らせて、こう言った。 「移動中、俺たちに歴史と数学の勉強を教えてください。セインさんは歴史の、クチャナさんは数学のエキスパートだと聞きました。それでどうでしょう」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!