8 / 8

第8話

話は幼少に戻ります。 家の母親は、家事や光熱費の支払いが全く出来ない人でした。 父親は全く働かない人でした。 兄は狂ってました。 私は困っていました。 母親は食品を全く買いに行かないので、いつもケンカが耐えませんでした。 私の体重は痩せ細り、48キロしかありませんでした。 私の母親は毎日、ラーメンをとって、私たちの家族はほとんどラーメンしか、食べたことが、中学校3年生までありませんでした。 私の体重がもとに戻ったのはその後、仕事で気が変になって入院場所でまともに食べることが初めてで来てからでした。 最近はちゃんと食べる事が出来るようになってよかったです。 よく、死ななかったなーと思いました。 ものには限界があるなー。
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

冒険者だったけど、やめた。
2
1
7
完結済/52話/106,428文字/11
2017年12月15日
伝説の英雄譚ーその英雄騎士団の記憶ー
連載中/118話/1,397,184文字/0
2018年3月7日
熱すぎる男の友情物語
連載中/2話/2,732文字/0
2017年11月19日
規則正しさと美少女、どちらを取りますか?
完結済/2話/1,986文字/0
2018年1月1日
これは人外が理想郷を始めるまでの物語。
連載中/176話/876,540文字/0
2018年9月8日
そ俺はうすいたけし君と同じ、障害者です。
連載中/8話/3,594文字/8
2018年5月5日