6 / 8

第6話

話はまた飛びます。 私が小学校6年生の時のお話です。 季節は2/14バレンタインの日でした。 その日、私はまたもや学校をサボりました。 そして時間がたち3時を過ぎました。 私が家で、卵かけごはんを食べていると、チャイムがなりました。 私は誰かなと思いながら出てみると、そこには家に迎えに来るクラスで、一番男子に人気の高い子が一人できました。 彼女は何かソワソワしていました。 私がなにというと、彼女は学校のプリントを持って私に渡してくれました。 私はありがとと言い、じゃあねというと、彼女は言いました。 (たけし、ちょっと手を出して) 私がなにかなーと思いながら手を出すと彼女は小さいチョコレートをくれました。 私は内心彼女が大好き立ったので、大変驚きました。 ありがとと言いうと、彼女は(またね)と言って去って行きました。 裏を見てみると、100円と書いてありました。 大切な思いでです。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!