1 / 1

エビローグ責任

金曜の夜、業火だった。 いつもの暮らしが燃えている。 逃げる人はおろか、誰一人いない瓦礫のみがある業火の空間。 俺は咄嗟に鼻や口、頭を制服で覆い隠して怪我や意識がなくなる事はなかった。 ただ、進んでも進んでも炎は赤くなるばかり。 ついには倒れてしまった。  楽しいか? ふとそんな声がする。 自然と体が起き上がる。というよりも操り人形のようなその‘糸で体を起こされた’というべきだろう。 そんな変な感覚を感じつつ、前を見た。 白い髪の男の子だ。 年は俺と同じ16ぐらいだろうか。 焼けこけたように黒い軍服らしき物を纏い、胸元の勲章のような物は彼の威厳を強くし、業火を引き立たせる。 だが、その軍服と業火よりも先に目を引くのが この目つきだった。 いかにも常人とは思えない獣のような目つき。 その目つきのまま白い髪の少年は手に絡まった 糸を一つ引くと、一瞬にして炎の周りに空間を 作って見せた。 そして、殺意に満ちた声で言うのであった。 「お前が望んだ結末だ。責任を取れ」
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ここは夢ですか? それとも異世界ですか?
完結済/3話/2,641文字/0
2018年4月19日
この世界での俺は最強だ──
連載中/1話/754文字/0
2018年1月31日
紹介文を読んでくれ。しっかり読んでくれ。彼の気分を感じてくれ。それから本文へ
連載中/1話/1,335文字/0
2018年2月10日
こんな会社就職したいですか?
完結済/4話/18,112文字/0
2018年2月17日
連載中/1話/415文字/0
2018年4月2日
異星人・宇田星也(仮)は毎週金曜の夜、地球人の実態調査の報告会に出席する。
完結済/1話/4,365文字/18
2018年5月6日