175 / 176

第十五部-相思狂愛。

 陵は一歩を踏み出すと同時に、獣に向けて光弾を撃ちまくる。その間に、美玲が転移で獣の懐に飛び込んだ。 「くっらえっ!!」  牛神の大斧が獣の顔面の突き刺さる。大斧の重さに釣られるように獣が吹っ飛んだ。 「美玲っ!?」 「後は任せて」  クリスタルが突き飛ばせなかったそれを、いとも簡単に吹っ飛ばした美鈴に、彼女は驚きの声を上げる。  獣は怒りを混ぜて美玲に咆哮する。その咆哮を斬る様に、陵からの光弾が獣へと着弾した。当然、獣の意識は陵へと向く… 「よそ見は駄目っ!!」  次の瞬間、美玲の大斧がその顔を横殴りにした。それに続くように、シンの複数の魔法が細かいラインを描いて獣に突き刺さる。  美玲は更に近付き、獣を殴る殴る殴る。  獣は一心不乱に美玲から距離を取る…と同時に美玲へと火球を放つ。が、その火球は美玲に直撃する寸前に霧散した。  これこそが陵と美玲が持つ、自らを危険にさらす存在を無に帰すスキル、"相思狂愛"である。  霧散した次の瞬間、大斧が獣をかち上げた。  かち上げられた獣には、再度シンの細かな魔法が突き刺さる。 「もらった」  陵は無防備な獣の上へと転移する。…と同時に、獣の身体を抉る様に光弾を連射した。そして、やがて抉られた身体に無造作に腕を突っ込む。  "相思狂愛"という能力は、敵に効果が表れるまで(攻撃を除く)暫く時間がかかる。故に、相思狂愛を発動させた身体で、自らに害のある獣の中身に触れて、身体の機能をなるべく早くに停止させようと言う算段だ。  獣は陵を振り落とそうとする。それを抑える様にシンの魔法が獣を貫く、その魔法は陵に当たった途端に霧散する。  シンが使っている魔法は、敵の背中に味方が居る状態で使う様な魔法ではない。それでも放たれるのは、陵の"相思狂愛"がそれを霧散させることを知っているからだ。    獣の存在感が縮小する。相思狂愛が何かを停止させたのだろう。 「…惑星の核との繋がりが切れた。倒してしまおう」  シンは魔法を行使する。陵が居るのにも関わらず、鋭い形をした魔法を只ひたすらに絶え間なく打ち込んだ。 「っつ!?」  陵は巻き上がる砂煙に口と鼻を抑え、美玲の居場所へと転移する。次の瞬間、獣は物凄い音と共に爆発した。  砂煙が舞い上がり、彼らの視界を覆いつくす。そんな彼らの目の前には獣の姿があった。この獣も多少の知恵が回ったようで、先ほどの爆発は、彼らの視界を封じる為に故意に行われたものだった。  それはシンにとって、完全に想定外で…  目を封じられた彼らを獣の歯が襲う。  歯は圧し折られ、弾き飛ばされた。  …美玲によって。  そもそも、美玲も陵も視界が無かったからと言って対応出来る術が無い訳ではないのだ。 「美玲、試しに、ダンジョンで拾ってきた剣を使ってみたいんだけど」  砂煙が晴れ、吹き飛ばされた獣に陵は目線を向ける。 「良いんじゃない? ダメージが入るのかは知らないけど」 「…じゃあ、やってみよう」  陵は2本の剣を取り出した。どちらも、ダンジョンで偶々拾った…または産み出された代物だ。  そして、呪いの品でもある。  右に握るのは"灼熱の呪術剣"、左に握るのは"絶対零度の呪術剣"。これは触れた物に灼熱の呪い、又は絶対零度の呪いを掛けるのだ。  他にもダンジョンで拾った武器や、今までの生活で拾ってきた武器はあるが、基本的に陵と美玲の元に残っているのは、この様な品ばかりだ。  大体は上司であるシンに納品されている。とある条件で…。 「行くよ」 「おっけー」  陵と美玲は共に走り始めた。次の瞬間、美玲は獣の正面に、陵は獣の背面に転移する。  獣に見える位置で、美玲は大斧を振るう。獣はそれを受け止める。  受け止める事に夢中になっている間に、陵の2本の剣が背中を切り裂く。  切り裂かれた部位は絶対零度と灼熱が闘うように、水蒸気を発生させる。  熱くして凍らせる、それを永遠と続けるその呪いは、傍から見れば恐ろしいと思わずにはいられない物だった。 「脚も貰った」  獣の4足は絶対零度で凍る。身動きはこれで封じた。 「美玲、次で決める」 「おっけ。…牛神さん」『存分に使え』  陵はとある武器を両手に持ち、スタンドを立てる。さらに、とあるカートリッジを装填した。  一方、美玲は牛神の力を解き放つ。牛神の魔法により、土塊を纏う大斧は従来の三十倍、いや、それ以上の大きさへと変わり、炎、氷、雷の三色を纏った。  美玲が持つ大斧は、横凪に獣を切り裂いた。獣は否応無く大ダメージを受ける。  それを見た陵はスコープを覗く。とある武器の標準を、戦意喪失し掛けている獣に向ける。  無言で、容赦なく、引き金を…  …引いた。 ☆☆☆  その弾丸は、獣に当たった瞬間に眩い光を放つ。それと同時に、獣は姿を消し、その場には一つの小さなカプセルだけが残された。 「ふう…、終わった」  陵はとある武器のスコープから視線を外し、その小さなカプセルを回収する為に転移した。 「…マジかよ」  ティルはその光景を見て唖然とする。それはクリスタルやローズも同じだ。  彼らの歯が立たなかった相手を、陵と美玲があっさり倒してしまったのだから仕方が無い。 「…私は本当に必要だったのか?」  流石にこれには、シンも唸らざる得ない。 「惑星の核って奴からの力の供給が切れてから、すごい弱くなったよ。多分、神なら1人で殺れるよ」 「…そ、そうか?」  クリスタルは首を捻る。 「うん。だって、相手の頭は良くないし」  美玲は何の事無く言い切る。 「まあ、何にせよ。シンさんを呼ぶ程じゃ無かったかもしれないね」 「でも、援護が有ったから楽に倒せたよ」  惑星の核からエネルギーを吸収する能力は、シンの援護があったから簡単に無効に出来たのだ。2人だけでは、もう少し時間が掛かったかもしれない。 「あ、階段があったよ」  下に続くそれを見て、美玲は皆に告げる。 「私は帰る。後は任せた」 「はいよ」  シンはこの場から退散した。 「じゃあ、次に行こっか」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!