171 / 176

第十五部-勇者と聖剣使い。

「逃げないでください…と、あれほど言ったのに」 「っち、見つかったか」  屋外に逃げ出した勇者は、聖剣使いこと雄二に発見される。 「クライダ、行くぞ」 『ん、使って』  雄二は容赦なく聖剣を抜いた。 「…やるしかないな」  勇者も聖剣に呼応する様に、勇者剣と呼べそうなそれを何処からか取り出した。 「空間魔法…?」  雄二はシンの空間干渉能力を知っている。故に警戒度を最大限に引き上げる。   (取り敢えず…仕掛けるっ!)  雄二は勇者に向かって走り出す。 「「はあっ!!」」  雄二の剣と勇者の剣が重なり、唾ぜり合う。 「ぬんっ!」 「っつ!?」  本物の勇者に偽物の勇者では競り勝てる道理など無い。雄二は押し飛ばされてしまう。 「くらえっ!!」  雄二は宙を舞いながらも、勇者に向けて、一撃、二撃、三撃と氷の刃を飛ばした。  一撃を足を踏み出して、二撃を身体をひねって、三撃を斜めに振り下ろして、勇者は斬り落とす。 「お前…紛い物の勇者だろう?」 「生憎、私が勇者を名乗った事はありませんよ」  勇者の問いに、雄二は皮肉を返す。と同時に勝ち目が無い事も理解した。 「どちらにせよ。お前が私に勝てない事は理解したはずだ」 「そうですね」  雄二はアイテムボックスからピストルの様なモノを取り出し、迷う動作も無く、上へと打ち上げる。  それはけたたましい音と共に、赤い煙の軌跡を描きながら上へと飛んで行った。 「っち!」  それの意図を正しく理解した勇者は逃走を再開しようとする。 「逃がす訳ないでしょう?」  それを許すまいと、勇者の前に回り込む聖剣使い。 「ここは街の外だ。殺してでも押し通る」 「街の外だからこそ…こちらの勝ちです」  勇者が水平に剣を構えて本気の色に変わる。…が、今までと同じように雄二は剣を構える。  ワオーーン!!  その2本の剣に呼応する様に、狼の遠吠えが響き渡った。 「なんだっ!?」  勇者が狼狽した次の瞬間、聖剣が彼の脚を斬り裂く。その一太刀は切断せずともバランスを崩させるだけの威力を含む。 「っつ!?」 「拘束させてもらいます」  雄二は聖剣で勇者剣を弾き飛ばす。その動作に合わせる様に脚を蹴り飛ばし横転させる。  次の瞬間__________、勇者剣が雄二を背中から貫いた。 「がはっ!?」  雄二の口からは多量の血が噴き出す。  勇者剣は勇者の身体から生み出されたものだ。勇者自身の手を離れたからと言って、勇者剣が動かないとは限らなかった。 『ユージっ!?』  明らかに戦闘不能になってしまうような一撃を見て、聖剣(クライダ)は悲鳴を上げる。と同時に雄二の意識に反して魔法を発動、勇者を木の杭で串刺しにした。 「っつ!?」  勇者の急所は外れている。けれども身動きは一切として取れない。 「雄二っ!?」  元太が神狼族のブランに乗り駆けてきた。 『今すぐ運ばないと不味いと思うよ』  ブランの言葉を聞き、元太は即刻決断する。 「ワデル、串刺しになった奴が逃げないか見ててくれ。逃げそうになったら、無理のない程度で足止めしろ。ブランは俺が雄二を抱えるから、ミリ様の屋敷まで全速力で駆けてくれ。後、そこの聖剣を咥えて」 『おうっ!』『わかった』  元太が雄二を抱えて、ブランが聖剣を咥えると、彼はブランの背に乗り直した。 『いくよー』  どちゃ、という音と共に、ブランは急発進した。 ☆☆☆ 「ミリ様っ! 雄二が勇者にやられましたっ!」  元太はブランに乗り、ミリの書斎部屋に直行した。 「ふむ? 雄二が下手を打ったのか?」  偶々その場に居たシンが、元太に問う。 「…まあ、そう言われてみればそうなのかもしれません」  元太としては"下手を打った"と言う言葉に対し抵抗を覚えざる得ない。 「…私が行こう。折角、陵が捕まえてきたのだから、その上司が逃してしまったら元も子も無いだろう」  シンは書斎部屋から姿を消した。恐らく転移したのだろう。 「元太、雄二をそこに寝かせなさい」 「あ、はい」  ミリはシンが居なくなったのを確認し、元太に指示を出す。 「…綺麗に刺し抜かれたわね。けれども、すんでの所で致命傷は避けてるわ」  彼女は穴の空いた雄二の身体に触れて、そして傷の具合を確かめる。 「…今はフィリカが居ない、だから、薬で何とかするしかないわ」  そして、彼の穴の中に回復薬を注ぎ込む。 「おお…」 「まあ、薬で足りるのだけれども」  回復薬のおかげで、穴は見る見ると修復されていく。 ☆☆☆  シンが勇者の前に姿を現した。とは言え、勇者は聖剣(クライダ)によって、一切の身動きが取れない状況に追い込まれているのだが…。  聖剣(クライダ)が生み出した無数の木の杭を、あっさりと片手間にシンは消失させてしまう。 「ミリが罪無き人々に救いを差し伸べようとしている時に、かの勇者は反乱…か」  ボソリと、呆れたようにシンは勇者に告げる。 「何を言っている?」  当然、彼の意図を勇者は読める筈も無い。 「私が世界を壊そうとしている主犯だ」 「っ!?」  改まって、勇者にとっては最も意味のある自己紹介をする。 「要らないものは捨て置けとミリには告げたのだが…」  世界に住まう、虫のごとく存在する人の命など、拾うに値しないとシンは告げたのだが、ミリはそれは身勝手過ぎると彼に告げた。  だから、少しでも人をすくおうと勇者を自らの手元に招いた訳だが…、案の定、雄二は大怪我を負い、今やシンが態々顔を出す事態に至っている。 「最後の選択だ。ここで降参をするか、死ぬか選べ。お前が死ねば、お前の国との交渉すら出来なくなることは理解しておけ」  つまり、見知らぬ国は壊されるか、放置されるかだけの選択肢しか残されなくなると言う事だ。 「さあ、選べ」  最後の選択の時間だ。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!