167 / 176

第十五部-ダンジョン攻略の始まり。

「ティル、クリスタル、ローズ、準備は出来てる?」  美鈴は重要な戦力である三人に声を掛け、確認を取る。 「おう」「問題ない」「大丈夫だ」  それぞれ三者三様な答えが返ってくる。  そんな三つの声を聞いていた美鈴の後ろに、二人の竜が降り立つ。 「彼らがダンジョンまで俺達を送ってくれる人たちだ。くれぐれも粗相の無い様にな」  そんな竜の身体から、彼らに見える様にひょこっと顔を出して陵がたしなめる様に言う。彼らは陵が態々族長に話を通して貸してもらった戦力兼足だ。 「よろしく頼む」  クリスタルが告げて頭を下げると、ティルとローズも彼女に倣って頭を下げた。二人の竜も頭を下げ返した。 「…ま、そんな所だろうな。じゃあ、美鈴は俺の方に乗って、ティル達はそっちに」 「おうよ」  陵に言われた通りにティルが一人の竜の背に乗る。それに追随する様にクリスタルとローズも乗った。 「じゃあ、お願いします」  陵の後ろに乗った美鈴は、ティルらが準備を終えた事を確認すると、竜にお願いをする。  ざざっ ばっさばっさ  そんな音と共に大きな翼が広げられ、はばたかれると、やがて、竜の身体は浮いた。 「取り敢えず、下が見える程度には低空飛行で頼む」  シンが用意した地表図を片手に広げ、陵は自らが背に乗る竜にお願いをする。  "ぎゃうっ"、そんな声と共に竜は陵が示した方向に身体を進めた。  それを見ていたティルらを乗せる竜も、陵らを追い掛ける様に空中ではばたいた。 ☆☆☆  おおよそ5時間程飛び続けた。そろそろ休憩を視野に入れても良い頃だろう。 「そろそろ休憩にしよう。何処か、良いと思った場所に降りて貰えない?」  陵は自らが乗る竜に提案する様に告げる。  …だがしかし、それの返事を聞くまでの時間は、急な敵性物体の接近によってかき消されてしまう。 「あれは…ワイバーン?で良いのかな?」  先に敵影を発見したのは美鈴だ。とは言え、あまりこの世界の生物に詳しくない為、多分そうだろうとしかわからない。  陵らやティルらが乗っている彼ら(竜達)の大きさは、さほど大きくない。だがしかし、こちらに攻撃を仕掛けようとしているワイバーンらは、ワイバーンの最大個体と言っても差し支えの無い様な大きさであった。  ワイバーンらが咆哮する、狙いを小柄な竜に定める、一気に襲い掛かった。  …が、竜の身体に後一歩な所で、ワイバーンらは顔面から何かにぶつかった。守護神クリスタルが生み出した障壁によって、ワイバーンらの進路が塞がれてしまったのだ。 「あとは任せて」  美鈴は陵の後ろから姿を消す。と同時に、ワイバーンの後ろに現れる。  バァンっ   一つ仕留める。  バァンっ  別の個体を仕留める。  只々、感情無く処理をするだけの彼女の手によって、本来災害に成るであろう程のワイバーンの群れは全ての命を消滅させた。 「ただいま」 「おかえり。じゃあ、丁度良い所で降りてくれ」  美鈴が陵の後ろに帰って来る。彼女の温もりを感じたと共に彼は竜に指示を出す。  二人の竜は少し開けた大地に足を着けた。陵も美鈴も、ティルらも大地に足を着けた。 「ありがとう。二人は人化は出来る?」  振り返って陵が問い訊ねると、竜らは頷きを返す。 「生肉と焼かれた後に肉、どっちが良い?」  生肉が良いらしい。 「じゃあ、これで」  陵はポンと大きな生肉をアイテムボックスから取り出すと、二人に差し出した。 「じゃあ、こっちも食事を作ろう。…あ、クリスタルは何かやらなきゃいけない事がなかったっけ?」 「ん? …ああ、だが、食事作りを任せるのは…」 「それは効率が悪いから却下。用事を済ませちゃって良いよ」 「…なら、言葉に甘えさせてもらう。ローズ、私について来てくれ」  陵に言われ、自らのやりたい事をする事に決めたクリスタルは、突然にローズに告げる。 「え…、あ、おいっ!?」  ローズはクリスタルに手を引かれ、強引に調理組から距離を離された。 「ここまで離れれば問題無いだろう」 「だ、か、ら、何をしたいんだっ!?」  クリスタルの手を強引に振り解こうとするが、ローズの力では守護神の腕力を振り解く事は出来ない。 「そう暴れるな。今から私が与えた力の使い方を教えようと思う」 「…眷属化」 「そうだな。とは言え、私もローズが初めてなのでな、どの様に教えれば良いのかわからない」  眷属化した側が頼りない事に、眷属化する事が初めてなのだ。お互いに手探り手探りになってしまうのは仕方が無い。 「…私で実験すると言う事だな?」 「まあ…悪い言い方をすればだな」  バツが悪そうに、クリスタルは彼女の言葉を認めた。 「はあ…、まあ良い。好きにしろ」 「…良いのか?」 「ここで嫌だと言った所で何も始まらないだろう」  クリスタルの反応に"らしく無いな"とローズは思いつつも、背中を押す様に言い切る。 「…そうだな。なら、まずは私の能力をどれだけ使えるのかを見て行こう。話はそれからだ」  ローズはクリスタルの能力の、五十分の一程を使用出来る事が判明した。 ☆☆☆  ばっさばっさと、ゆっくりと空遊する二人の竜が居る。それぞれの背には二人組と三人組を乗せ、彼らは静かな青空を飛ぶ。 「Zzz…」  陵の前に座っている美鈴は、心地良い日差しと風に当たりながらお昼寝モードだ。落ちない様にと後ろから陵が覆う形で抱きしめている。  一方、三人で乗っているティルらは昼寝をする気配も無く、ばっちりと起きていた。美鈴や陵とは違って真面目である。  陵の目には、眼下には森や山ばかりが見える。これが地球であったのなら、高層ビルや住宅街など、人々の生活している証拠を視界に収められたのだろうが、ここは生憎地球では無い。 (こうやって見ると…、綺麗な自然だよな…)  眼下に見えるラフタの自然と、地球の街並みと、更に新世界の環境を並行して重ねる。 (新世界の自然も中々良いんだけど、それとどうやって共存するか…)  一応、彼だって地球の街並みを見て育った人間だ。ショッピングモールなどの楽しさは知っているし、電車などの便利さだって知っている。 (簡単じゃないよなあ…)  先は長い。けれど、星を管理する側に居る彼は考えなくてはならない。シンが世界の管理者だとするならば、彼の元で仕事をしている時点で、そうなってしまう事は想像が出来た事だ。 (ま、美鈴とゆったりと永遠に過ごせると考えれば…安いモノだろ)  少しだけ強く美鈴を抱きしめて、陵は銃を取り出した。ターゲットは前に飛んでいる鷲の様な魔物の集団だ。 「俺が攻撃したと同時に、ブレスをお願い」  陵の手元にある光線銃が火を吹く。放たれた光弾に沿う様に竜の口からブレスが放たれる。  竜のブレスが所詮鳥類の雑魚共を焼き尽くす、陵の光線銃がフルオートで火を吹く。次々に残骸が地に落ちていく。   「開けた。突っ込んで」  鷲型の魔物の集団のどてっぱらに穴が開いた。それを見逃さずに自らが乗る竜だけではなく、もう一人の竜にも指示を飛ばす。  物凄い勢いで彼らは速度を上げ、あっという間に魔物の集団を突破した。 ☆☆☆☆☆☆  既に日は暮れて、にも関わらず深夜飛行を続けていた。 「そろそろな筈…、あ、あった」  目的のダンジョンの一つ、彼らが住まう街に最も近いダンジョンの姿を上空から確認できた。既に辺りは真っ暗な為、少し所では無く見辛い。 「じゃあ、少し斜めに下降…そうそう、そんな感じで降りてくれれば大丈夫だから」  見つけたら終わりではない。竜にその地に降りてもらわなくてはならない。  ドスンっ!  そんな音と共に竜が降り立ったのは、ほんのわずかに大地が見えた森の隙間だった。 「咆哮を上げて」  更に陵は、周囲の魔物を避ける為に二人の竜に指示を出す。  竜は通常、様々な生物の畏怖の対象である。故に、咆哮を響かせるだけで魔物避けになるのだ。  …だが、そんな竜さえも食料と出来る存在は当然居る。例えば、飢えたワイバーンなどの知能の低い竜種などや、ヘカトンケイルなどの地球で言う所の、竜同様に畏怖される者達だ。 「ティル、クリスタル、任せて良い?」  噂をすれば影とはこの事か、降り立った彼ら目掛けて突っ込んでくる存在が居た。 「これくらいなら俺一人で十分だろ」 「そうだな。この程度、軽く捻れなければレイ様に怒られる」  ティルは突進してくる、未だ姿の見えないそれに対し腰を落として構える。  Gyaaaaaaaaaaaaaaaaaaooooooooooooooooooooooooooooooooっ!?!?  そんな大きな叫びを掲げながら突っ込んできたのは、ランドドラゴンと呼ばれる知能の低い竜種だった。 「おおー、懐かしい奴じゃねえか」  言葉とは裏腹に、あまり感動していない声音でティルは呟く。  次の瞬間、漆黒の鎧がティルの腕に纏われると、それはそのままにランドドラゴンの頭に突き刺さる。  突き刺さった拳は、彼が突き刺した拳よりも格段に巨大な拳を纏っていた。闘気が巨大な拳を創り出しているのだ。  巨大な竜種を"殴り倒し"た。ずしゃああっ!と竜種らしい巨体が引き倒された。 「トドメは任せた」 「ん、わかった」  引き倒されたランドドラゴンの額に、陵が無情にも光弾を叩き込み、頭を破壊した。 「新手は…居ないかな。じゃあ、今日の活動はここまでにしよう」  陵は辺りを確認し、締めの言葉を吐いた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!