92 / 176

第六部‐帰還と弱音。

「代表っ!街が見えてきましたっ!!」  騎士団の1人が前を向いて、住んでいる街を指さして、勢い良く言う。 「それなりに遠かったものねえ…」  出陣してから少なくとも40日…、それ以上は確実に経っている。 「国に着いてからはあっという間でしたが…」 「そうねえ…貴方達の武器も凄いものよね」  闇夜に紛れし最強の種族である吸血鬼、そんな彼らをあっさりと黙らせられたのは、奴隷騎士1人1人に、かの太陽神の加護が付与された剣があったからだ。  地球の最上級神である天照大神、そんな彼女の小さな小さな加護でさえ、太陽を苦手とする吸血鬼には耐え難いものだった…という訳だ。 「そう…ですね。私の知っている話では、やはり、切っても斬っても死なず…」  一般的に吸血鬼は、再生力が凄まじく、不死性も兼ね備えている。  その他の人型種族からは、やはり、簡単に脅威に成りうると考えられている。 「天照大神様様ねえ…」  その実感の篭った騎士の感想に、流石天照大神だと、ミリは思う。  そんな彼女らが、街からも見える様な位置まで辿り着くと、街門の兵士や、壁の上で見張りをしていた兵士が慌ただしく動き始めた。  "代理に伝えろ"とか、"迎える準備をしろ"とか、"門を開け"だとか。  ミリはやがて、自身が統治している街に足を踏み入れる。 「代表、長い旅路、ご苦労様でした」  兵士の代表が、街の代表であるミリに頭を下げた。 「お勤めご苦労様。こっちは勝手にやるわ、貴方達はいつも通りに戻りなさい」 「はっ!」  兵士が頭を下げて、一斉に持ち場に戻って行く。そんな中、ミリと奴隷騎士、最後にレオンらが、街門を通過する。 「んじゃ、俺達はここでな」  レオンとフィリカは自身の騎士を連れ、ミリとユニコーンのユウが帰るべき屋敷とは、違う方向に歩き出した。  彼らは奴隷が大量に収容されている施設に向かったのだ。 「私達だけが…屋敷なのね」  ミリは、自身の隣を歩くユウ以外に、共に屋敷に向かう者が居ない事に寂しさを覚えた。 『私もすぐに帰る』  ユウは屋敷に帰り次第、"ヘブンズガーデン"に送還されるだろう。 「明日からまた…日常に戻るのね」  長くはないが、それなりに行軍中は楽しかったようで、名残惜しさを彼女に感じさせた。  やがて、彼女らは屋敷の敷地に、足を踏み入れる。 「ミリ」  そんな彼女を迎えたのはシンだった。 「シン、久しぶりね」 「そうか? まあ…無事に帰ってきてくれて良かった」  そしてそのまま、軽く彼らはハグをし合った。 「ユウは帰るか?」 『そうしてくれ。甘ったるいモノを見せつけられても…かなわん』  このままここに居れば、彼らの甘ったるい光景を見せつけられるのは確実だろう。 「…そうか」  シンはユウを"ヘブンズガーデン"に転移させてしまった。 「…ミリ」  そして、そのまま彼はミリに、首に手を回し、"お帰り"と深く唇を合わせた。 「ん…」  ミリは、そんな彼の腰に手を回し、それに呼応する様に舌を絡ませる。  同時に彼女は思う。"迷えるわけが無い"と。 「…、どうした?」  シンはそんな彼女の感情の揺れに、敏感にも反応した。 「わかっちゃうの? それとも覗いた?」  ミリは少しばかりおどけた様に告げた。 「記憶は見ていない。…そんな野暮な事はしない」  シンはそのまま、撫でるように腕を回して、ミリをお姫様抱っこする。 「あら…随分と大胆ね。仕事は良いの?」 「取り敢えずはな。彼らに任せている」  任せている…とは、当然、陵や美玲の事である。  彼は抱っこしながらも、敢えて転移はせずに、屋敷の扉を開け、廊下を歩いた。 「ち…母様、帰ってこられたのですね」  そこに顔を出したのはティルとクリスタルだった。 「あら、久しぶりね。…私が居ない間に、随分と仲良くなったわねえ?」  ミリはシンに抱えられながらも訊ねる。 「そうですね。気も合うので」  ティルは単純に頷いて返した。 「ふ〜ん?」  その返事を聞いて、視線をスライドさせる様にクリスタルに集中させた。 「な、何でしょうか…?」  クリスタルは彼女の視線を受けて、少し焦る。 「…いえ、何でもないわ」  もしや我が息子に春が…なんて事を期待したミリだったが、ティルもクリスタルもその手の話には疎いようだと考え、内心で溜息を吐く。 「それより…貴方達は用があったんじゃないのかしら?」  取り敢えず、彼らの残念さを横に投げて、ミリは彼らの用を訊ねる。 「あーえっと、父上に相手をして貰おうかと…」  それは言わずもがな、試合相手である。…軽く捻られて終わるだけなのだが。 「あー…すまない。今日はミリが帰って来たからな」  シンはその頼みを断った。折角帰ってきたのだから、当日ぐらいはイチャついても罰は当たらない筈だ。 「そうですよね。では、また今度」  流石にミリとシンの雰囲気的に、ティルにそれが察せない訳もなくて…。 「ああ、気を遣わせて悪いな」 「いえ、では、失礼します」  ティルとクリスタルは共に彼らに軽く礼をして、離れて行った。 「良かったの?」 「ああ。態々仕事も投げて来ているのに、他の事柄に時間を使いたくない」  投げて来ている…けれどもそれは、陵と美玲と、そして未来の自分にである。 「そう…そこまで言うのなら…」  ミリはシンの首に手を回し、下から唇を合わせた。 「早く寝室に行きましょう? …そう言う気分では無いのだけれど、その…ぐっすり眠りたいの」 「そういう気分では無い…か。まあ、私はどちらでも良いが、取り敢えず行こう」  ミリにそう言われ…少し、いや、もっと極少な、ほんの僅かに"弱さ"を見た彼は、廊下で話し続ける訳にもいかないと、彼女を抱いたまま自らの寝室に歩を速めた。 「ん、ありがとう」  ミリはシンに、ベッドの上に下ろされた。そして、いつも通りに服をアイテムボックスに収納する。相も変わらずに、美しい肢体が顕になる。 「・・・」  そんな彼女の隣に、シンは柔らかい生地の服を身にまとったまま腰を掛けた。  ミリは自宅で眠る時、基本的に服を着ない。邪魔らしい。 「…シン」  ボソッと消え入りそうな声で、ミリは呟いた。 「ん?」  そんな声をしっかりと掬い上げるように、彼ははっきりと聞き返した。 「眠いのなら…そうだな、横になれば良い。…折角だ、私も眠ろう」  隣に座っている彼女を押し倒し、そのまま、上から柔らかな布団を二人で共有する。 「ん、…ありがと」  上に覆い被さった彼に、彼女は唇を合わせる。 「・・・」  合わせながら、彼は彼女の上から、彼女の横に転がった。 「んう…ん、もっと近くに来て…」  唇が離れ隣に転がったシンを、彼女は手を伸ばしてかき集めようとする。そしてそのまま、顔を向かい合わせたまま、身体を重ねた。  彼女の方が背丈が大きいのに、彼の胸に彼女はおデコを当て、顔が彼から見えないようにしていた。いや、結果的に見えなくなった…と言った方が正しいかもしれない。 「私ね…妹を見殺しにしたの」  そして…ボソボソっと、どうしようもない話を自身の夫に呟く。 「・・・」  シンは妻の後頭部に手を回し、"聞いている"と返事をする様に、ほんの少しだけ抱きしめた。 「王族が…私の家族の…街の壊滅に関わっていたの」 「・・・」 「それで…妹が奴隷として扱われていたの。…私が王を殺そうとした時に…人質として彼女を取り出したの」 「・・・」 「…私、多分…頑張れば、助けられたと思うのよね。"危険"を犯せば…、1回でも後手に回れば…」 「・・・」 「でも…無理だったわ。自身が殺される可能性なんか…怖くて増やせなかったのよ」  後手に周り、何か恐ろしい兵器が発動したとしたら? そう彼女は考えてしまった。  後手に回って言うことを聞いた所で、結果は変わらない事も簡単に理解出来た。 「・・・」  シンは話の全容があまり見えていないが、それでも…ただ聞くだけだった。  彼は片手だけをミリの背に回り込ませ、指でとんとん、とんとんと叩く。  その指に呼応する様に、"むぎゅう"とミリは彼に抱きつく。 「王を殺してからすぐに…私を殺す為に、短期間で準備した様な物も見つかったわ…」 「・・・」 「…ごめんなさい。あまり言葉が出て来なくて…」  ミリはそこで、何を言いたいのか、弱音を吐きたいのか、わからなくなってしまった。 「良い」  ただ一言だけの返事をして、シンはミリを少しだけ強く抱きしめる。 「弱音を吐き終わったのなら…眠ってしまえ」  そして、再度優しく包む様に抱きしめる。 「…面倒な女でごめんなさいね」 「・・・」  眠気を誘う為に、トン、トン、トン、トン、と一定のリズムで、シンは彼女の背に指を置いた。 「ミリはそれで良い。喜怒哀楽を表現出来るのは、ミリの素晴らしい所な筈だ。…だからそれで良い」  ミリの頭に自身の顔が乗り掛けるように置き、彼女の上から、そっと、彼女の肯定をする。 「…おやすみなさい」 「ああ、ゆっくり眠れ」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!