10 / 10

第10話 お家へ帰ろう

グリーウェ「あんた、変なとこ さわったりしてない?」 ユキホ「 さわるわけねぇーだろ!」 山を降りるとすぐに目を覚ましたグリーウェ。 シャンソナ「もう大丈夫なの?」 グリーウェ「eyeセンサーがちょっとおかしい。」 補助システムが働いて再起動したが、どちらにしてもメンテナンスの必要はあるようだ。 ハチ「降りるのがトロかったから、もうこんな時間だよ」 て……何時なんでしょうか。 そういいながらも五人はトイレの前のベンチに腰掛けて一服中。 シャンソナ「うん、このジュース美味しい。」 ユキホ「ふーん、じゃキリコに買ってやろう!」 スズカ「それ売店で買ったんでしょ?」 はい、売店ではシャンソナの美味しいと言った、へんな100%のジュースを買う。 店員のおばさんが『大丈夫かしら?これ。』と賞味期限を確認するような代物だ。 ハチ「そういえばさ、お腹すいたね。」 ユキホ「そう言わなくても腹減ってるぞ!」 スズカ「そのわりに今日はうるさくなかったじゃない。」 ユキホ「 キリコがきっとうまいもん作ってくれてる♪」るんるん ハチ「 どうだかねぇ、ルフィーのやつと遊び呆けてんじゃないのかい!」 シャンソナ「畑いってるんでしょ?」 グリーウェ「じゃ今日もキュウリやナスやトマトだわ。」 ユキホ「なんだよっ!文句あんのかぁ!」 夕焼けの中、あーだこーだと語らいながら車は家路に向かう。 シャンソナ「 青空市場があるわよ!」 道路沿いに看板や旗がひらめいて活気あるお店屋さんだ。 ユキホ「あーよってこうぜ!」 グリーウェ「どーせ、野菜ばっかりでしょ。」 ユキホ「 桃売ってる♪」 スズカ「 果物いいわね~」 ハチはやれやれと言う顔。 そしてみんなはかいもんタイム。 ハチ「ジャガイモ一箱500円だって!安いね!」 さすがハチは苦労人、スズカたちのように物の相場を知らないお嬢さんではありません。 ユキホ「買おうぜ。キリコ喜ぶ!」 グリーウェ「あんたんち、取れるでしょ」 シャンソナ「ジャガイモはこないだ終わっちゃったのよ」 スズカ「 詳しいわね。」 ハチ「こいつ、芋掘り行ったんだよ。」 桃やら、ハチミツやら色々並んでいて、こういうところでは、ついついいっぱい買い物してしまうものなんです。 グリーウェ「それにしても買いすぎじゃない?」 地元の桃だから甘くてうまいよ~と店のオヤジの口車にのせられて究極の地獄ピーチを二箱も買いました。 なお先生は店のオヤジにどんな仕返しをしてやろうかと考えては、みんなを笑わせてくれるんです。 シャンソナ「トウモロコシ、そんなに要らなかったんじゃないの?」 グリーウェ「いいじゃない!まけてくれたんだし。」 スズカ「でも、傷んでるのあるわよ~、買うときよく見てよね」 ハチ「バカだねぇ、そういうのは皮を剥いてくるんだよ。」 西日に照らされるみんなの顔は、日に焼けたのかテカテカして、赤くなっている。 ユキホ「あー今日はキリコに話してやることもいっぱいだ!お土産もあるし、動画も取ったし、うーん、なかなか楽しかったな!今度はキリコも仏頂面もつれてこよう♪」 山の香りや風の心地よさは最高でした。いつのまにか動画も撮ったようだし、五人は任務も果たして楽しい一日だったようですね。 こんなメンバーもありですね! 今日の所はこの辺で終わりにしたいと思います。 それではみなさん、またお会いしましょう。 おしまい
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

乙女ゲーの世界に入ってしまった平子睦実。だが、ヒロイン素質が足りなさ過ぎて……
完結済/40話/112,209文字/0
2017年11月14日
執着心と歪んだ血愛(けつあい)
2
完結済/7話/15,071文字/0
2017年10月21日
放課後たまごを買って帰るようお使いを頼まれたより子は、寄り道で奇妙なお店に入ってしまう。
1
1
完結済/1話/1,925文字/20
2018年1月8日
一人の少女から始まる、熱血ヒロイックアクションストーリー。ニチアサ特撮の熱さをここに!完結しました!
完結済/88話/318,376文字/0
2018年3月6日
彼女がその手に握るは鬼切安綱なり
1
連載中/3話/3,097文字/0
2020年9月26日
ドラッグ+過剰暴力+エログロ+能力バトル!
連載中/2話/5,148文字/0
4月29日