5 / 10

第5話 牛がいたよ

登りの道を五人は進む。 草原の小山の向こうに麓の町並みが見える。 シャンソナ「あー、いい眺め」 スズカ「おまえ、のんきね」 ハチは景色より鼻につくにおいが気になった。 ハチ「なんかくさいよ」 ユキホ「牛がいるんだよ、牧場なんだな。」 ユキホは遠くを指差す よく見ると遊歩道の横はずっと柵が施してあり、その向こう側には黒光りした大柄な牛がパラパラといて、のんびり草を食べている。 グリーウェ「あ、牛のふんっ!!(゜ロ゜ノ)ノ」 ハチ「まさか、ふんだのかい?!!」 ユキホは大笑いして喜んでいる グリーウェ「やだ!! どうしよう! ブーツがぁ。いったいなんなのよ~(`Δ´)」 スズカ「ちょっと!汚ならしいわねっっ 足を振り回さないでよ!」 靴底を気にして、跳ね回るグリーウェから離れるスズカ シャンソナ「…どうやって柵の外にしたのかしら。」 シャンソナはそっちの方が気になるらしい ユキホ「やーい、うんこ、うんこ」 ハチ「あははは。サイテーだね。」 グリーウェ「うるさい! 黙んないと焼き殺すわよ!!怒」 シュルルルルル~ー 言ってるそばから高圧電流ムチを振り回す! そんなこんなで楽しく歩く ユキホ「あれ?道路に出ちゃったよ。」 へんだなぁといった顔で立ち止まるユキホを追い越し、ずんずん進む四人。 ハチ「ここまっすぐいきゃーいいんだよ」 シャンソナ「あぁベンチがあるわ」 とりあえず座るシャンソナ スズカ「時間無くなるじゃない」 といいつつ自分も座る。 ミーン ミーーーン ミーーーン 蝉のうるさいくらいの鳴き声で余計に暑さを感じてしまう ハチ「やかましいねっっ!」 カッと目を見開く! グワッッーン 空気を震わすGR波を放つ! 蝉はピタリと鳴き止んだ。 しかし、今度はアブがベンチのまわりをうるさく飛び回る。 スズカ「しっしっ、ちょっとハチ!これも追っ払ってよ!」 スズカは必死に払いのけるが、ハチはニヤリとしているだけ。 シャンソナ「ねぇ、背中を向き合って…」 シャンソナはスズカに背中を向けて近づいた。 ガタッと立ち上がるスズカ スズカ「なんなのっ!お前と背中の皮なんて剥き合うの、ごめんだわっ!」 シャンソナ「 汗(;´゚д゚)ゞ だれが皮ってっ。」 背中を向き合って、アブを撃退しましょうって言いたかったのに。 道路はまた二股に別れており、直進すると牧場の事務所があるらしい。右は研究センターだ。 ハチ「診療所はどこなのさっ。」 ハチはキョロキョロする シャンソナ「山頂いかなきゃ」 スズカ「山頂いくの?!」 シャンソナ「ミキゾーノパックは高いところに設置しなくちゃいけないのよ!」 どんどんまっすぐ進んだが、山頂ではなく、なぜかトイレがあった。 グリーウェ「やっぱり右の道だったじゃない!」 スズカ「とりあえず…」 ハチ「とりあえず、なんだい?」 スズカ「とりあえず、トイレあるからいってくるわ!」 みんなお約束のようにガクッとなった。 ユキホ「うわー昔ながらのトイレだな」 ユキホは中を覗いて興味津々。 シャンソナも周辺を見回している シャンソナ「うーん、仕方ないから、この辺に一つ、取り付けましょう」 シャンソナはミキゾーノパックを設置する。 スズカ「汚いトイレ」 グリーウェ「ちょっと!トイレ見学なんかしてる場合じゃないでしょ?」 シャンソナ「スズカ、虫がたかってる…」 スズカ「えっ!やだっ、とってよ、」 スズカは慌てて後ずさる ハチ「 いたっ! あたいの足、踏んでんだよ!(`Δ´)」 スズカ「もう、中、気持ち悪いから外でするわっ!」 グリーウェ「トイレの意味ないじゃない!」 ユキホ「( =^ω^) 野しょんだーー笑」 ユキホはうんこや野しょんなど、真性下ネタ系が大好きなようです!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!