3 / 10

第3話 五人で出発

ハチ「まず、あたいがはじめに運転するよ」 どこからともなく、ハチが現れた。 ユキホ「ゲーーーっなんだよ、蜂村も行くのかよぉ」 はい、そうです。 では今日のメンバーを紹介しましょう。まずは元 極微ミクロクルーで現在SK幹員ジャンパー シャンソナ、同じくSK幹員 のサイコウェーバー蜂村 密、ミクロのR-technology人造人間グリーウェ(現在は黒龍に帰化)、征弄同盟カデッチの使い手、美木鈴花、そして、Gene recombinationの奇跡、超人ユキホです。 ハチ「あたいだって、冗談じゃないよ、ちっとも行きたくなんかないど総帥の命令だから仕方ないのさ。」 ハチはぶつぶつ言いながら運転席。五人を乗せたワンボックスは出発する。 手を降るミレイユの姿が小さくなってゆく 車内ではピクニック気分でお菓子を食べているグリーウェたち。 グリーウェ「そんなこと言ったらあたしだってこの暑いのに行きたくないわよ!」 鈴花「お前、ロボットなのに暑さなんて感じるの?」 シャンソナ「クスクス」 グリーウェ「ちょっと人を鉄の塊かなんかみたいに言わないでくれる?全然、普通に、あたし敏感肌だから!」 ハチ「敏感肌だって?-w 」 みんなはどっと笑う 国道153号線を腕助の方向に向かって走った。 シャンソナ「どこに診療所なんてあるの?」 シャンソナはキョロキョロしている。 道路脇の駐車スペースに車を止めて五人は降り立つ。セミがみーんみーんと暑苦しく鳴いている。 スズカ「ちょっと、、、、まさか、ここから歩くなんて言わないわよね?」 ユキホ「あるく!」 ハチ「 … あたいはここでまってるよ」 グリーウェ「なにいってるの! ケースがこんなにあるって言うのに?!」 ハチ「しるかい!そんなこと」 ハチはふんとそっぽを向いている。 シャンソナ「 ガソリンないからエンジン切ってくけど!」 ハチ「えー!」 みんなケースを一つずつ持って、ユキホは二つ持って林道を歩きだしました。 ユキホ「なんでオレだけ二つも持たされんだよ」 詰め寄るユキホにスズカはギロリ スズカ「ミレイユに言いつけるわよ!手伝わないで足引っ張ってばっかりだったって!」 ユキホ「なんだと!テメーきたねーぞ」 スズカはふふんと笑う あーだこーだと言いながら、静かな山の中を騒々しく歩いて行きます グリーウェ「はあ、つかれる。いったい何分かかるって?」 カスタマイズボディーでも疲れるようです。 ハチ「あんた、自分とこの診療所だろ」 シャンソナ「グリーウェがそんなことちゃんと把握してるわけないしゃない。」 それもそうねっとハチとスズカは納得。 グリーウェ「なんなの?私の管轄外なのよ! さる!どうなの?あとどのくらい?」 ユキホ「ムカっ さる、言うな!」 スズカ「早く答えなさいよ!ノータリン」 ハチ「そうだよっ ドブネズミ!」 暑さでみんなはイライラしているようです。さる、ノータリン、ドブネズミ等、すべてユキホの愛称です ユキホ「愛称なわけねーだろ!」 ユキホは、がるるるっと戦闘体制 シャンソナ「やめてよ!喧嘩なんかしないでよ、この暑いのに!」 そんなことなど無視してハチはじっと行く手を見つめる。 ハチ「なんかアスファルトの道が続いてるんだから、もっと車で行けたんじゃないのかい?」 スズカ「あーそれもそうよね」 グリーウェ「なによ、歩いて損したじゃない。」 シャンソナ「だからってまた戻るなんて嫌よ」 みんなは口々に愚痴。だいたい女は不平不満、愚痴と文句を言い出したら止まりません。もはや趣味、ヒマつぶし、3時のおやつ、ご飯のお供なのです ユキホ「この舗装道路はもうすぐ終わりだ、あとは細い遊歩道に入るんだよ!」 えっちら おっちら上り坂、舗装道路のカーブを曲がると遊歩道へと導く立て札がありました。 ボーボー雑草の茂る細い林道です。 グリーウェ「えーー、ここ行くの?」 スズカ「ノータリンざる先頭ね!」 ユキホ「もーー。」 まったく先が思いやられると嫌な顔で先頭をゆくユキホでした。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!