29 / 88

1-3-17-2 【桜瀬七波】 開扉の先 2

七波(まって、待ってよ、待って……! 考えろ、あたし……!)  誰かが中にいる可能性。それが濃厚にはなった。誰かが中に入って、その時にそいつが扉を開けっ放しにしたのかもしれない。  ……いや待て待て、このビルは古い建物だ。立て付けが悪くて勝手にドアが開いちゃうって可能性もある。  ひとつ分かる事は、中に何があるにしろ、その先に何があるにしろ、今のこのドアの状態だとそれに遮られて、向こう側が全然分からない状態だってこと。  写った写メをよく見てみたものの、そのドア以外に気になるものはない。誰も写っていない。  ……あたしの捜査は結局、閉めて先へ行くにしても、そこからビルの中を覗き込むにしても、そのドアへと辿り着かなきゃいけないって事らしかった。  ドアはこちらに向かって開く形で、中の様子はあたしのいる側からじゃ、全く見えない状態。  ……距離にして5mぐらい。  あたしはもう一度角から……今度はあたし自身が顔を出して、自分の目で状態を確認する。  ……特に写メの状態から変わってはいない。  一度深呼吸で、呼吸を整える。  くっそ、心臓のバクバクが収まらない。でも、気にしてたら余計に緊張するだけ……!  ゆっくりと、恐る恐るそこから出て――状況の変化が怖くて、一気に扉へと駆け寄っ……! ??「寝ぼけた事言ってんじゃねェぞコラァっ!!」 七波(っ……!?)  びくりと身を竦め、あたしの足はびったりと止まる。扉までたった1m。でも、それ以上進めない。  やっぱり、誰かいた。警戒は間違いじゃなかった。  慌てて壁に背を預け、早鐘を打つ心臓が生む呼吸を抑えて、聞き耳を立てて中の様子を探る。 ??「あと何人殺せばあいつを逮捕できるってんだ? あぁっ!?」  誰かと、話してる……? 一人じゃないって事?  ……それは分からない。ここから聞こえる声は一人だけ、その怒号を張り上げてる奴の声だけだ。  しかも、そのキレたような声の張り上げ方……あたしは聞き覚えがあった。 七波(あの、夜の……)   ◆ ――『ガキが……浅知恵でくだらねェ事してくれるじゃねェか……少しばかり焦ったぜ?』   ◆  『フレイバーン』――あいつの口調じゃないのか?  やっぱり、ここはあいつの根城になって……!  あたしは聞き耳を立てながら、壁に体を押し付けたまま、ドアへとゆっくりと近づいていく。  ……壁に背を預けていなかったら、震える膝が簡単に折れてしまいそうだった。 ??「ああ、また殺すぜ……! もう……形振(なりふ)りなんか気にしてらんねェからな……!」 七波(んくっ……!)  攻撃的なその台詞があたしの足を押し留めるかのよう。  ギリギリと歯を食いしばって、その恐怖を奥歯で噛み殺し、荒い息を小さくついて勇気を振り絞る。 七波(……くっそ……ヤバいよ、コレ……!)  ゲフリーさんの情報が頭をぐるぐる巡る。  あいつは焦りで情緒が不安定になるって……今のあいつの状態って正にその通りじゃんか……!  放っておく事は出来ないけど、あたしに何ができる……? 七波(そんなの……分からないけど……とにかく今は、奴の姿だけでも……!)  あたしはそう考えて、ドアから恐る恐る中を覗き込む。  でも。  あたしがそいつの姿を捉えるよりも  先に、目についたそれに。  あたしの目は釘付けになった。 七波「……ぅぁっ……!?」  倒れた、人。  人……!  人の……死体……! 七波「ぁ……ぁっ……!!」  死んでる……。  上半身の、  左半分が、  溶けて、  死んでる……!  扉から向こう側へうつ伏せになった男。  ……青い制服は恐らく警察の物。ぞぶり、と左上半身が食いちぎられたようになくなり、頭部もほとんどなく、下の歯がわずかに残っているのみ。  赤や白の肉がむき出しになって、中の体液や臓物がどろどろと(こぼ)れ出て建物の床に大きく生々しいシミを広げていた。  どさっ、とあたしは尻餅をついて、『その死体を凝視することしかできなかった』。 ??「……何……っ……!!?」  その死体の向こう側にいた男。  そいつはあたしに、背中を向けていた。  でも、あたしのその尻餅の音で、顔だけこちらに向けてきた。  その顔。  あたしはその顔に、再び目を見開く。  あのオフィス街で、物陰からあたし達を見ていた男。――それはこいつだ。  そしてその姿は見覚えがあって当然だった。  その男の顔は――穂積の常連の―― 七波(作……家……!?)
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!