59 / 60

第59話 赤チン塗るならこんな風に

「だぁっ!! 痛い痛い痛いって!! もっと優しく塗ってくれよ!!」 「仕方ないじゃないですか!! ゾンビワームに怪我をおわされたんですよ!? もうちょっと危機感を持ってくださいギュスターさん!!」 「そうかも知らんが、ただでさえ精製毒は人間の体にも有毒なんだから――ででで!!」  かくして、ゾンビワーム退治を無事に終えることができた俺たち。  しかしながら、一仕事を終えた俺を待っていたのは、受付嬢の熱い包容ではなく、熱い赤チン――というかドラゴンの血から作った毒液の洗礼であった。  受付嬢が言ったとおりである。  ゾンビワームに怪我を負わされた。その事実というのは、意外と大変なことだ。  何がどう大変か、言わずもがなである。  すなわち、体内にゾンビワームが侵入したかもしれない、ということだ。 「致命傷でもおってない限りには、大丈夫って前に聞いたが」 「念には念をという奴ですよ。というか危機感がなさすぎですよ、大事な商売道具の腕を切り落とすことになってもいいんですか!?」  ――いや、それは確かに困ってしまう。  なんと言っても、最近養う家族が増えてしまった身の上だ。  ここで大切な仕事道具を、失ってしまっては路頭に迷ってしまう。  生まれこの方、冒険者稼業一筋の俺である。それができなくなってしまったら――なんてことを想像するだけで、背筋を冷たいものが走った。 「旦那さま。大丈夫ですか」 「あぁ、まぁ、大丈夫だ。すまんな、大の男がびーびーと」 「いえ、そんなことは」  メルゥに格好悪いところを見せてしまったなぁ。  なんてことを思ってちょっと気恥ずかしい気分になってしまう。  黙って消毒されていればよかったのだが、いかんせん、竜の血の毒性は強い。それこそ、傷をおっていなくても、皮膚に染みるだけで悲鳴をあげたくなるほどだ。  それを傷口に擦りこまれれば、俺だって、余裕ぶっこいた表情などしていられない。  擦傷にひとしきり死肉蟲殺しの毒を塗りたくると、ようやく、受付嬢は俺から手を放す。もし、本当にゾンビワームに寄生されていたら、すぐさまうねうねとそこから飛び出してくるはずだが――。  出てこないあたり、どうやら、俺と彼女の杞憂だったみたいだ。  とほほと肩を落とす俺。そんな俺の前で、はい、よかったですねと、至極事務的な言葉を発して、受付嬢は毒薬の入った瓶に蓋を締めたのだった。 「自分のチョンボとはいえ、二度とこんな仕事はごめんだな」 「こちらとしても、そうしていただけると助かりますよ」 「旦那さま。さっきから、チョンボチョンボと言ってますけど、いったい何をなされたんですか? メルゥにも、詳しく教えてください」  言えようものか。  お前が蜂の巣を取るのをフォローするために、ブラウンベアーをひっそりと狩っていたなんてこと。そんな話を聞いたら、この真面目な暫定嫁は、また訳のわからん責任感を感じてしまうに違いない。 「別に、お前が気にすることなんて何もないよ 「けど旦那さま!!」 「いいから気にするなよ」  と、言っても、彼女の性格だから気にするのだろうけど。  やれやれ、これはいったいっどうやって、今回の一件について誤魔化してみたものかな。 「旦那さま!! 私たちは夫婦なんですよ、隠し事はなしにしましょう!!」 「暫定のだろう。いいじゃないかよ、恥ずかしいことは言わなくったってさ」 「――え、恥ずかしいことなのですか!?」  おうよ。恥ずかしいことだよ。  嫁の身が可愛さに、裏で危険な目に合わない様に、いろいろと暗躍していたなんて。そんなこと、口が裂けても言えるかって話だ。  によによ、と、こちらにいやらしい視線を向ける受付嬢を、少し無視して。  俺はメルゥに言った。 「だから、悪いけれども、今回のことについては話せない」 「恥ずかしいことも、共有するのが、夫婦ではありませんか」 「嫁の前でくらい、俺も格好をつけておきたいんだよ」  なんといってもまだ新婚だしな。  これが長年連れ添った夫婦だって言うのなら、そんなのはギャグだが。  って、何を思っているんだか、俺は。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!