58 / 60

第58話 はじめてのハントならこんな風に

 小柄なメルゥの体。  そのいったいどこから、そんな力が出てくるのか不思議だった。  ブルースネイクの尻尾を掴んだ彼女は、それを力いっぱいに引っ張ると、俺の手から引き剥がした。全体重をかけて、おそらく引き剥がしたのだろう。  うろこによって擦傷が俺の腕に出来上がる。  しかし、それを気にしているような場合ではなかった。  やぁ、という叫び声と共に、空高く投げ飛ばされたブルースネイク。  俺はすかさず、サブウェポンのナイフを取り出す。  再び、奴――いや、その蛇の体の中に潜んでいる、ゾンビワームどもが、胎動を始める前に、仕留めなければいけない。  八つ裂き、あるいは、頭からこっち半分に真っ二つか。  なんにしても、ナイフ一つでケリがつく相手ではない。  となれば。 「メルゥ!! ルーンの礫の準備をしろ!!」 「旦那さま!?」 「俺があいつを木に打ち付ける。お前は、そこを狙って、更にルーンの礫で追い打ちをかけるんだ。いいな!! 絶対に外すんじゃないぞ!!」 「――はい!! まかせてください、旦那さま!!」  頼られたことからくる嬉しさだろうか。  それとも、俺を助けられたことに対するうぬぼれだろうか。  どっちでもいい。  さっさとこんな仕事は終わらせて、家に帰って俺はのんびりとしたいんだよ。  今日はもう、随分と疲れちまったんだ。  落下してくる蛇の胴体に向かってナイフを投げつける。  鱗を通して、突き刺さったそれは、自由落下の法則を乗っ取って、視界前方にある樹の方へと飛んでいく。太い幹にぐっさりと刺さったそれ。  まだ、それでも自由を求めて蠢いているブルースネイクの亡骸。  それに向かって、投げろ、と、俺はメルゥに命令した。  練習の時に見せた、へっぴり腰の下手投げ。  しかし、そこからが練習の時とは違っていた。    その軌道はおおよそ、投擲武器とは思えぬ、自由なものであった。慣性にも重力にも従わない、斜め上がりの軌道を描いて、目標――ブルースネイクの体へ向かって飛んでいく。  魔力の消費が激しいのか、メルゥが、はぁ、はぁ、と、荒い息を吐き出す。  しかし、彼女はちゃんと、俺の指示(オーダー)をまっとうした。  ブルースネイクがぶら下がっているその寸前。  突然、弾けるように加速度を増したルーンの礫。  魔力による軌道操作と威力の増加。  それらを同時に、彼女はこの実戦の中でこなしてみせたのだ。 「……なんだよ。やればできるじゃないか」  鎌首をもたげる代わりに、身もだえていたブルースネイクの体が、ルーンの礫によってすりつぶされる。樹をへし折るくらいの勢いでぶつかった、それにより、どうやらブルースネイク内の死肉蟲は、すべてすりつぶされてしまったようだった。  ついにブルースネイクの尻尾の動きが止まる。  ふぅ、と、一息を吐き出した俺に、すぐさまメルゥは駆けよって来た。 「やりました、旦那さま!! メルゥ、ちゃんと当てました――よっ?」 「おっとっと」  ふらついて、俺によりかかった暫定嫁。  彼女を俺はブルースネイクにまとわりつかれていたのとは逆の腕で受け止めた。  ルーンの礫のコントロールに、べらぼうな魔力を消費するのはよく知っている。  魔力切れを起こしたのだろう。  それでも、きちんと仕留められたのは、俺のことを思ってか。  やれやれ。  そういうことを考えると、ちょっと鼻頭がむず痒くなる。 「……旦那さま」 「なんだよ」 「……ご無事で、なによりです」 「あぁ、ありがとうな。お前のおかげで助かったよ」  俺が素直に彼女を褒めたのが、よほどうれしかったのか、それとも意外だったのか。  にへへ、と、笑ったメルゥ。それから彼女は、甘えるように俺の腕にその鼻先を摺り寄せてきたのだった。 「旦那さまのお役に立てて、メルゥは幸せです」 「別に、こんなことで役に立ってもらわなくっても。お前は十分俺の役に立ってくれてるよ」 「……それでも、うれしいのです」  そう言われるとこっちも嬉しい――いや、悪い気はしないな。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!