56 / 60

第56話 仕留めるならこんな風に

 その後も、鹿を二体、猪を一体、小熊を二体と倒しながら、俺たちは森の奥を進んだ。  俺が出てくるモンスターを肉塊に変え、受付嬢がその身体を魔法糸でバラバラにするたびに、メルゥはげんなりとした顔をしていたが、それにいちいち思い煩っているような余裕は俺たちにはなかった。  結構な数の動物が、ゾンビワームの餌食になっている。  こいつはまずい。一日でこの繁殖量だ。すぐに気がついて対処したから良かったものの、もし、俺が報告を怠っていたら、恐ろしいパンデミックが起こっているところだった。  ブラウンベアーなんて、やっかいなモンスターに寄生したのが運の尽きという奴か。  本当に、そんな死体を放置した、自分の迂闊さには嫌気が差しそうだった。 「……旦那さま、よろしいですか?」 「なんだ、メルゥ」  青い顔をして言うメルゥ。  途中でへばってダダでもこね出すかと思ったが、やはりコボルト性根が据わっている。  彼女はやつれた顔をしながらも、俺たちにここまでなんとか喰らいついてきた。  おそらく、彼女から声をかけてきたのはこれが初めてだ。  どうしたのだろうか、と、振り返ると、そっと彼女は俺の服の裾を握っていた。 「……もうすぐです。近くに、がいます」 「……そうか」  ようやく、俺のチョンボを清算する時が来たようだ。 「他に、こいつの臭いがうつっている獣はいなさそうか?」 「……はい。これで最後になると思います」 「よし」  俺は大剣を構える。そして、メルゥの代わりに受付嬢に声をかけた。 「メルゥの奴をしばらく捕まえておいてやってくれるか」 「……いいですけど。また、ノロケですか。ギュスターさんまで、勘弁してくださいよ」 「頼むよ」  長い付き合いだろう。  これまでだって、もちつもたれつでやって来たじゃないか。  今回もそれでひとつ、俺のくだらない頼みを聞いてやってくれないか。  そう、コミュ障の俺は視線で馴染みの受付嬢に訴えかけた。  相変わらず、ギルドでは見せないしかめっ面の彼女。しかし、もうっ、と、ひとつ大きく声をあげると、分かりましたよと言って、彼女はメルゥの背後に回りこんだ。  ありがとう。助かるよ。  おかげでグロテスクなものを暫定嫁に見せなくて済む。  これまでの光景にもう既に胃の中は空っぽになっているだろう。これ以上、ショッキングな光景を見せたら、彼女はついに胃袋を吐き出してしまうかもしれない。  それは流石に忍びない。  暫定嫁でも嫁は嫁だ。  大切にしてやりたいんだよ。 「旦那さま!?」 「あとは俺が一人でやる。お前と受付嬢はそこで待機だ」 「そんな……危険ですよ!!」 「お前を守りながら戦う方が危険だっての。だいたい、俺は独りでクエストやってる方が、力が出るタイプなんだよ」 「でも……!!」  これ以上問答を続けていても、俺のモチベーションが下がるだけだ。もう一度、頼んだと背中で受付嬢に嫁を託すと、俺はメルゥが言った、その先へと足を踏み入れた。  ここまで散々に寄宿先を増やしてきたのだ。  その身体が、五体満足な訳がない。  やはり俺が予想した通りに、林の先に立っていたのは――灰色の毛並みを全て血の色で染め上げたブラウンベアー。耳は欠け、手は裂けて、内臓を引きずり、骨を剥き出しにしたそれが、虚ろな目をしてそこには居座っていた。  さて――。 「三日ぶりの全力ハントだ。悪いが、こっちも溜まってるんでなァ!! 容赦はしないぜ、死に損ないの熊畜生が!!」  全身の筋肉が軋む。  大剣が空を切り裂き風邪の刃を生み出す。  口の中に湧いた死肉蟲を撒き散らして、こちらを睨む熊畜生。ぼろりその眼孔から、目玉が転がり落ちたかと思うや、そいつは奇声を発して俺に向かって突撃してきたのだった。  だが。 「遅えよ!! あくびがでちまぁな!!」  大剣の一振りが、早速、その首をへし折り、そして、跳ね飛ばした。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!