20 / 40

第5話 その5 気合いで出来るものなら

「やー、逃げ切ったねぇ」  カフェのテラス席、私はテーブルに突っ伏し肩で息をついていた。 (き……気持ち悪い……)  胃から朝食がせり上がってきそうだ。 「ほら、水」  目の前に、澄み切った水で満たされたグラスが置かれる。私はそれを一気に飲み干した。 「何食べる? ここのお勧めは、生クリームとフルーツたっぷりのパンケーキだって」 (さっき朝食食べたばかり……)  それでもいつものコンディションなら食べられたかもしれない、BMI23を舐めるな。だが今は……、 「全力疾走後の生クリームは勘弁して……」 「あははは、だよね~」  ライリーは楽しそうにメニューを見ている。 「あ、これなんてどう? 旬のフルーツをふんだんに使ったパフェ!」 「いや、だから生クリームは……」 「見てよ、ほら」  ライリーは私にメニューの中の1つを指し示した。 「うわぁ……」  名前負けしてはならじとばかりに,みずみずしいフルーツがてんこ盛りになっている。アイスクリームや生クリームの代わりにジェラートやゼリーが使われていて、見た目にも涼やかだ。 「口当たり、さっぱりしてそう……」 「これなら食べられるんじゃない?」 「う、うん……」  私が頷いたのを見届け、ライリーが店員に合図を送る。やがてテーブルに届けられたそれを見て、私は息を飲んだ。 (綺麗……) ジェラートの間からゼリーが宝石のように輝いている。そしてふんだんに盛り付けられたフルーツから伝わってくる生命力。 「さ、食べようよ」 「うん」 (わ……!)  フルーツが冷たい。凍る寸前に取り出したのだろうか。シャーベットと生のフルーツの中間と言った食感だ。それに絡むジェラートも、舌に触れた途端に濃厚なジュースとなって喉を潤してゆく。 「おいしい……」 「だね!」  にこにこと笑いながらライリーがフルーツを口に運ぶ。 (ぐ……、可愛い……!)  さすがは聖洞みんとデザインの美少年だ。フルーツをぱくつく姿に、嫌みもあざとさも感じられない。ただただよく似合っている。 「ん? 何? オレの顔に何かついてる?」 「いえ、何も……」  私はスプーンをパフェグラスへと突っ込む。 「いいなぁ、可愛いものが似合う人は、と思って」 「何それ。可愛いものは、女の子の睦実のが似合うに決まってんじゃん。昨日のパジャマもよく似合ってたし」 (喧嘩売ってんのか!)  思ったが口には出さず、代わりに一切れ桃を取って口に押し込んだ。 「あの、さ……」  ライリーがスプーンでサクランボをつつく。 「この間のこと、その……、ごめん」 「?」 「だから、ほら。魔法使えなくて、自分の身も守れないって……」 「あぁ、あれ……」  謝るとすれば、今のパジャマについての発言を謝ってほしい。 「いいよ、身を守れないのも魔法が使えないのも事実だし……」 「前は魔法使えたんだよね? なのに今は出来なくなった。そのことで一番苦しんでいるのはきっと君だよね……」 「…………」 「すごく無神経なこと言ったと思う。だから、ごめん」 「ううん……」  以前、魔法が使えていたのは私じゃなくてソフィアだ。 (私が悩んでるのは、魔法が使えないことじゃなくて、ソフィアと入れ替われないことなんだけどな……) 「大丈夫!」  ライリーが、テーブルに置いていた私の手に自分の手を重ねる。 「っ!?」 「一度出来ていたことなら、きっとまたやれるから!」 (ライリー……)  私を真っすぐに見るライリー。その瞳には誠実さが溢れている。  一方私と言えば……。 (いや、ライリー、あの、手! 手が! 手! 手! 手!)  ライリーの温かな手の下で、自分の手がどくどくと脈打っているのを感じる。まるで爆発物にでもなってしまったかのように。 「?」  ライリーが小首をかしげる。やがて、自分の行動が私の挙動不審の原因だと気付いたのだろう。 「あっ、ごめんね」  頬を桜色に染めて、はにかみながら手を引いた。 「ま、魔法のことだけど……」  触れられた手をテーブルの下へと隠し、私は口を開く。 「無理、だと思う……」 「無理? どうしてさ!?」 (どうしてもこうしても……)  恐らく、この世界の人間と私は、根本的に作りが違うのだろう。私から魔法をひねり出そうなんて、石を絞って水を出せと言っているようなものだ。 「大丈夫、きっと出来るよ! 授業中も睦実、頑張ってたじゃん!」 「いや、でも……」 「出来るって! 自分自身を信じてみようよ、ね?」 (うぅ……)  ポジティブな人は嫌いじゃないが、そのポジティブを他人に押し付けられるのは苦手だ。 「ライリーは天才だから、分からないんだ」 「え?」  少しイラッとなって、つい棘のある言い方をしてしまった。 「自分で言ったじゃない、天才だって。いいよね、天才は。訓練しなくても出来るんだもん」 「…………」  ライリーは少しの間黙っていたが、やがていつも通りの屈託のない笑顔となった。 「うん! いいでしょ!」 「っ!?」 「へへっ、やっぱこれ美味しい!」  にこにこと笑いながら、彼はぶどうを口の中で弄ぶ。 (なんだかなー……)  嫌味を言った自分が情けなくなる。 (見た目がこれなんだから、せめて性格ぐらいいい子でいようよ、私……)  くすぶる気持ちをクールダウンさせようと、私もジェラートを口に運んだ。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!