15 / 40

第4話 その4 ヒトか獣か

 キブェの部屋で夕食を終え、2人並んでキッチンへと食器を運んでいた時だった。 「結局、キブェは人間でいいのか? それとも獣なのか? どっちなんだ」  ベルケルの荒々しい声が廊下まで聞こえてきた。 「っ!」  キブェの足が止まる。 「んー……、付き合っていくには、そこ、はっきりさせなきゃだよね」 「だよなぁ」 (ライリー、ベルケル……)  私は、キブェのことを『獣人』という存在として受け止めていた。だが、みんなにとってはそうじゃないのだろうか……。  自分たちと同じ種類の人間でないことは、そこまで深刻な話なのだろうか……。 「…………」  キブェの表情は硬く、その瞳は昏い。 (キブェ……。どうしよう、気まずい……)  扉の外にいる私たちに気付くことなく、ダイニングでの会話は続く。 「しっかし、初めて知ったぜ。猫のチ●コが棘だらけだなんてよ」 (は!?)  突如飛び出してきた下ネタワードに私は固まった。 「本当ですよ」  どうやらダイニングには、ミランもいたようだ。 「ネコ科の動物の雄の性器には陰茎棘(いんけいきょく)と言われる棘がついていて、膣壁を引っかき刺激を与えることで、雌の排卵を誘発する仕組みになってるんですよ」 「うっわ、聞いてるだけで痛ぇ……」 「キブェが変身したのは豹、つまりネコ科の動物ですねぇ。今日見た限りでは、変身のメカニズムは分かりませんでしたが、もしも興奮することで獣人に変化する仕組みだと仮定すれば、これは大変なことです」 「興奮状態……つまり、エッチなシチュエーションの時に、キブェは常に豹の姿ってこと?」 「考えられます」 「やっぱ、はっきりさせておかなきゃならねぇな。キブェのチ●コは獣人に変化してもヒトのものなのか、それとも豹のものになっちまうのか」 「恋人として付き合っていく人にとっては、すっごく重要だよね!」 「だな」 (こ……っ、こらぁあああ、そこの乙女ゲー攻略キャラども!!!)  私はトレイを持ったキブェの隣で、金縛りにかかっている。 (おま、お前ら!! ゲーム画面に出てないところでは、そんな生々しいエロ会話してたのかよ! そう言うのは公式がやっちゃ駄目! 二次創作の人の仕事!! あと……あと……)  頭部が完全に沸騰している。 (C.V.益田豪一郎で、チ●コとか言わせちゃ駄目! くっそ、ありがとうございます! いや、違う! アウト! アウトアウト!!)  すぐ側に立つ人物の下半身の話題で盛り上がっている状況に、どうしていいか分からず、私は硬直したまま動けずにいる。  やがて、 「全く……」  小さく呟いたと思うと、キブェは大股でダイニングへと入って行った。 「なんつー話してんだよ、お前らは!!」 「うぉ、棘チン!」 「誰が、棘チンだ!」 「え? でも、変身したら生えるんだよね?」 「生えねぇよ!!」 「本当ですか? しかし興味深い。ぜひ一度……」 「見せねぇっつの!! つか、ドコ凝視してんだお前らは!!」 (お……おぶぉぉおおお……)  とても部屋に入って行ける空気ではなく、かといって退散しようにも体が固まってしまって足が動かない。 「全く……」 (ぴやっ!?)  すぐ背後から耳に届いた麗しい声に、私は飛び上がる。 「ここにはレディもいるのですよ。下品な話は慎みなさい」 「あぁ?」 「おや、シェマルに睦実じゃないですか」 「わ、睦実!? やっば……」  ダイニングにいたメンバー一同と目が合う。 (ぎゃああああ、シェマルのアホ、セカンドシーズン!! 黙っていれば気付かれなかったのに!! 気まずい気まずい気まずい!!!)  焦る私とは裏腹に、ベルケルはにやりとした笑いを私の背後に向ける。 「レディって誰のことだ? あぁ、お前か、シェマル。ごめんな?」 「……私は男ですが?」 「ケッ、どうだか。ついてるかついてねぇんだか、分かんねぇ顔しやがって」 「いいでしょう、存分にご確認なさい」 「なんだ? 自信ありげだな」 「えぇ、それなりに」 (ちょ、ま、シェマル! あなたまでこの会話に参加しないで!!)  収拾のつかないダイニングに、エルメンリッヒの雷鳴の如き叱責の声が轟いたのは、それから数分後のことだった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!