33 / 40

第8話その4 5度目の襲撃

 5度目のメトゥスの襲撃は、その一週間後に起こった。 (どうしよう……)  先日、ベルケルからきつく「戦場に出るな」と言われたところだ。のこのこ出て行けば、また怒られるかもしれない。 (アイテムはあるから、全く役に立てないことはないと思うんだけど……)  ベルケルの言った通り、今度の敵がどんな手を使うかをここで皆に伝え、私は大人しく拠点で待つべきなのだろうか。 「睦実!」  ミランの声に顔を上げる。目の前に、金属製の手袋のようなものが差し出された。 「これは?」 「試作品のガントレットです。あなたの力を魔力に変える装置の。これをつけて今日は戦場へ出てください。試運転も兼ねて、実戦データを取りたいので」 「えっ……」 「おい、ミラン!」  目ざとく見つけ、ベルケルがこちらへ大股で歩いてきた。 「こいつを戦場に連れて行くのは、俺は反対だと言っただろうが!」 「ひぃ、すみません!」 「いえ、彼女は連れて行きます」  ミランは見事な体躯を誇るベルケルを前に、その細い体で立ち向かう。 「データを取る必要があります。それが、この世界の未来に繋がるかもしれません」 「絶対か?」 「分かりません」 「分からねぇのにそいつを連れて行くな!」 「分からないから連れて行くのです。分からないからこそ、実験を重ねてより多くのデータを取る必要があるのです」 「そいつに何かあったらどうする! 責任取れんのか!?」 「……分かりません」 「おい!」 「ですが」  ミランは私を振り返った。 「ボクの研究を手伝ってください」 「……っ」  何の保証もない、ミランの一方的なお願い。それは傍目には、酷く愚かな行為かもしれなかったけれど。 「…………」  私はガントレットを手にはめる。 「睦実! てめぇ!」 「ご、ごめん、ベルケル……っ、でも……っ」  私はミランを見る。ミランが嬉しそうに目を細めた。 「心配いりませんよ。ボクが守ります」 (ミラン……) 「ただし、人の手による物に絶対は存在しませんので、万が一しくじった時はご容赦ください」 (もう……)  彼らしい言葉に思わず笑ってしまう。 「それに、そのガントレットは現時点で予測されるメトゥスの攻撃に対し、ほぼ無効化できるだけの防御力と衝撃吸収力を持っています」 「え? これが?」 「危険だと感じた時は、こうして体の前にかざし、その腕で自分の身を庇ってください」 「う……うん……」 「チッ……」  ベルケルが忌々しげに舌打ちする。 「知らねぇぞ、俺ぁ」  去ってゆく広い背中に、胸の奥が少し痛む。 (ごめん、ベルケル……、でも……)  もし、この私の馬鹿馬鹿しい力が魔力に変換され、封魂を行えるようになれば。 (この世界を滅ぼさずに済むの……)  私はぐっとお腹の底に力を込め、戦場へ向かう皆の後を追った。 §§§ (これは……)  報告された場所に辿り着いた時、すでにメトゥスが数体蠢いていた。 「なんだ、このメトゥスは。いつもと色が違わぬか?」  エルメンリッヒが私を振り返る。私は頷いて口を開いた。 「えぇ、メトゥスが赤くなっている時は魔法攻撃を完全に跳ね返し、こちらのダメージになるの。逆に青くなった時は、物理的攻撃を完全に跳ね返し、やっぱりこちらのダメージになるわ」 「つまり、赤い時には、ベルケル、ミラン、キブェ、ライリー、そして私の攻撃が通るが、青い時はシェマルの攻撃しか通らなくなるということか」 「そう。あ、魔法アイテムなら物理攻撃の人も使えるけど」 「なぁるほど。青になった時は要注意ってことだな!」 「では、赤くなっている今が機だ。一気に畳みかけるぞ!」 「おうっ!」 「では皆さま、私はしばし待機させていただきます」 (さて、私はどうすれば……) 「睦実」  気が付けば、すぐ側にミランが立っていた。 「キミはボクについて来てください」 「えっ? あの、ついて……」  言葉も終わらぬうちに、ミランのパワードスーツに包まれた腕が、私の腰を抱えた。そのまますぐにミランは高くジャンプする。 (ぎゃあああああ!!!)  生身で逆フリーフォールに乗せられた感じだ。凄まじい勢いで地面が遠くなり、一瞬の浮遊感と同時に今度は重力に導かれ落下を始める。 (こわいこわいこわい!!!! いやぁああああ!!)  半分気を失いかけの私を気にすることなく、ミランはメトゥスに連続して攻撃を加えていく。 「睦実、『もえ』はどうですか?」 (は!? どうもこうも!!)  おそらく現存するどのアトラクションでも味わえない、最大級のスリルをくらわされ声すら出せない。 「おっと……! 青色に変わり始めましたか……」  ミランが空中で身を捻り、少し離れた地面へと降り立つ。膝が震えて立てない私を抱えたまま、彼は私の腕を取り、ガントレットに表示されている数字を見た。 「魔法攻撃の通るタイミングで、このガントレットの性能を試したかったのですが……パワーは0ですね」  ミランが残念そうにため息をつく。 「『意外性』が『もえ』を導くと思ったので、普段ボクのやらない、かなりアクティブな行動を取ってみたのですが」 (違う! 根本的に間違ってる!!)  生まれてこの方味わったことのないとんでもない恐怖を体験した。失神していないのが奇跡なくらいだ。 「あ……、い、今なら、アイ、アイテムが……」  私は歯の根の合わない口を無理やり動かし、バッグにわななく手を伸ばす。その時、私たちのいる場所が陰った。 「っ!?」  目の前には青色のメトゥスが迫っていた。触手がうなりを上げ、私たちのすぐ側の地面を叩く。 (きゃ……!)  地面は抉れ、轍のような跡を作った。 「ひ……、火の珠……あっ!」  指先が震え、魔法アイテムを取り落とす。慌てて次のを取ろうとしたが、やはり上手く行かない。 「敵から距離を取ります。跳びますよ」 「ちょ……ちょっと待って、バッグ開いたまま……っ!」  お構いなしに、ミランは私を抱えたまま高くジャンプした。 「あっ!」  わたしのバッグから幾つかの珠がばらばらと落ちてゆく。そのうちの一つがメトゥスの頭上ではじけた。 (しまった……!) 「今のは?」 「こ、攻撃力2倍効果の……!!」 「!?」  グブシュルルル……ッ!  風を切る音を立て、メトゥスの触手が私たちの方へと突き出された。 「きゃああっ!」 「くっ!」  空中で身を捻り、ミランが私を庇う。その瞬間、密着したミランの体から衝撃が伝わって来た。 「ミラン!」 「……しくじりました」  ミランのフェイスガードが砕け、片目が覗いている。 「まさか、ポリカーボネード製のバイザーを一撃で叩き割られるとは」  つぅ、と血が額から一筋流れる。 「まぁいいでしょう。実験に犠牲はつきものです」  割れ目から覗く目が、不敵に細められた。 (え? かっこいい……!)  そう思った瞬間だった。 『エネルギー充填完了』 (は?)  私のガントレットから音声が聞こえてきた。 「……来ましたね!」  何が起こったか理解できない。ミランはガントレットを装着した私の腕を取ると蓋を開き、そこにあった小型のキーボードらしきものを素早く叩く。  そして……。 「見せてください、キミの力を!」  ガントレットを装着した私の指先をメトゥスに向けた。 「っ!?」  轟音を立て、ガントレットから光が放出される。それはメトゥスに当たると一瞬で灰に変えてしまった。 §§§ 「凄まじい威力だったな、睦実……」  メトゥス討伐を終え、全員が集まって来る。 「驚きました。貴女にそんな力が備わっていたなんて……」 「ひゃっひゃっひゃ! ベルケルぅ、これでもう睦実ちゃんに『戦場に出るな』とか言えなくなったんじゃねぇの?」 「だよね~」 「っせぇな! 確かにあれがすごかったのは認める。だが、一発しか撃てなかっただろうが!」 (う……) 「まだ試作品ですからね、そこは勘弁していただきたい」  ミランがフェイスガードを押し上げながら、満足げに笑った。 「ともあれ、彼女の力が魔法に変換できることは今回証明出来ましたからね。ボク的には大満足です」  ミランが私を見る。眼鏡をつけていない彼の顔は、いつもより精悍に見えた。 「次は封魂が出来るよう、研究してみましょう」 (ミラン……)  心の奥がぽっと温かくなる。ガントレットのエネルギー量表示枠がちかちかと瞬き、光るバーが僅かに伸びた。 「ねぇねぇ、ミラン。結局さぁ、睦実の謎の力って何なの?」  無邪気に問いかけるライリーに、私の全身の血が引く。 (ミラン! 言わないで! 『萌え』とか言わないで! あれをみんなに説明するの嫌!!) 「そうですねぇ~……」  ミランは顎に手を当てしばし首をひねっていたが、やがてポンと手を叩いた。 「彼女は我々が心身いずれかにダメージを受ける姿に興奮する傾向があるようですね。その気持ちの高まりがエネルギーを生んでいると見られます」  その場が静まり返った。 (ちょ……!!)  皆一様に、表情を固めたまま私を見ている。 「ちが……っ、違うから~っ!!」  その後、何とか私は皆の誤解を解くことが出来た。  だが、『萌え』についての説明で、私の精神は極限まですり減ることとなった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!