4 / 40

第1話 その4 ただし二次元に限る

「睦実、大変な目に遭いましたね。無事で本当に良かった」 「は、はい……」  数分の後、私は学園長室に呼び出され、部屋の主と向き合って座っていた。 「聞きましたよ、睦実。あなたは『封魂の乙女』だけが使える呪文を口にしたそうね」 「はい。……何も、起きませんでしたけど」 「なぜ、あの呪文を口にしたの?」 「なぜって……」  ゲームの中で、ソフィアが使っていたからだ。それ以外の理由はない。 (とりあえずここは……) 「心の中に、あの言葉が自然と浮かんできたから、です」  ゲームの内容に沿った答えを返しておく。 「そうですか……」  学園長は顎の下で指を組み合わせ、大きく息を吐いた。 「私の学園の子たちにこんな苦難は与えたくなかったけれど、仕方がありません。あなたにはこれから、『封魂の乙女』として、メトゥスと戦ってもらうことになります」 「あっ、はい」  展開は既に知っていたため、つい間抜けな返事をしてしまった。  あまりにもあっさりと承諾した私に、学園長が怪訝な表情になる。 「睦実、私の言っていることを理解していますか? あなたは過酷な運命に身を投じることになるのですよ?」 「えぇ、まぁ、そうですけど。基本一本道シナリオですし、他に選択肢はないかな、と」 「一本道シナリオ……?」 「学園長先生」 隣に控えていたマノン先生が私の側に来た。 「すみません。この子、朝から時々妙なことを口走るのです」 「妙なこと?」 「えぇ。私にもよく分からないのですが……」  戸惑ったような視線を向けてくるマノン先生に、私は曖昧な笑みを返した。 (それにしても、いつまでも終わらない夢だなぁ……。何章まで見せてくれる気かな? それに、現実ではまだ授業が始まらないの?)  授業が始まれば、誰かが起こしてくれるはずだけど。 (放課後まで、担任を含むクラス全員からスルーされてるなんてことないよね? 居眠りで放課後まで放置って、さすがにきついんですけど。かといって、自力で目覚める方法なんて分からないし……)  難しい顔でもしていたのだろうか。学園長先生が私を見て、深く頷いた。 「よろしいでしょう。睦実、あなたは既に覚悟が出来ているようですね。このムーシカの平和はあなたを信じ、委ねることにいたします」 「あっ、はい」  ゲームで既に一度見た場面なので、特に感想らしいものはない。私は〇ボタンを押すように軽く承諾した。 「では、睦実。あなたと共に戦う、頼りになる仲間たちを紹介するわ。こちらへいらっしゃい」  マノン先生が先に立って別室に私を誘う。 (あ、この展開って……)  マノン先生の後をついて廊下を歩きながら、私は思い出した。 (応接室で攻略キャラ6人と顔合わせするシーンじゃない!)  ゲームと違い、先程は思わぬトラブルの為、中庭で全員と出会う羽目となったけど。 (あの扉の向こうに、6人の攻略キャラが立っている……)  廊下を進みながら、私の額にはびっしりと冷や汗が浮かんできた。 (聖洞みんと先生の超美麗グラフィックで、イケボの皆さんが3Dで……) 「さぁ、こっちよ、睦実」  マノン先生が応接室の扉を開く。 「この方々が、あなたと共に戦う……」  マノン先生の言葉が終わらぬうち、私は全力で扉を閉めた。 「え? 睦実!?」  扉の向こうから聞こえる、マノン先生の戸惑った声。 「何をしているの睦実? なぜ扉を閉めるの?」 「無理です、私には無理です」 「無理って……、さっきは運命を受け入れるって」 「違います!」  私は取っ手を握りしめ、マノン先生が扉を開こうとするのを全身全霊で阻止する。 「無理です! 無理! 二次元の超美形攻略キャラが実体化して3Dとか、もはやただの三次元のイケメンじゃないですか! 嫌です、イケメン怖い!」 「何を言っているの、睦実? ここを開けなさい!」 「しかも全員イケボとか、完全に私の心臓止めにかかっているじゃないですか! 無理です、心臓が持ちません! 城之崎翔なんて『ん?』の一言で耳から妊娠させられる怖ろしい声の持ち主なんですよ?」 「睦実! わけの分からないことを言ってないで! 睦実!」 「無理です死にます、恐怖とキュンで即死決定です!!」 §§§  数分後、しびれを切らしたベルケルが応接室の扉を破壊。 「結局てめぇは、どうしてぇんだ!? ぁあ!?」 と凄まれたことで、私は反射的に『封魂の乙女』の任を承諾することになる。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!