3 / 40

第1話 その3 襲来と邂逅

(……って、もう、放課後なんですけど!)  『白銀の聖譚歌』の世界に入って来てから既に数時間。たっぷり6コマの授業をこなし、私は親友キャラ2人と緑あふれる中庭を歩いていた。 「睦実、雪梅、帰りにジェラート屋サン、寄りまセンか?」 「私は構わないわ、ディヴィカ。睦実はどうする?」 「う、うん、私も行こうかな」 (じゃ、なくてっ!)  2人の美少女に挟まれて歩きながら、私は困惑しきりだった。 (どうして夢が終わらないの? そりゃ、『一炊の夢』の例がありますけど? 夢の中でまでリアルに何時間も授業を受けたくない! それに……)  右を見ても美少女、左を見ても美少女。 (恐るべし聖洞みんとグラフィック、間近で見ても美しすぎる! その上、右耳からキャンディボイス、左耳からハニーボイス。こんな2人に挟まれてセンターで歩いてる私、何様? このポジションつらい! つらいよ!)  今私がいるのは、ゲームであれば間違いなく主人公ソフィアのいた場所だ。 (ひょっとして、ソフィアに転生しちゃってるのかも!)  そう期待に胸を膨らませ、休み時間に鏡を見に行ったものの、映っていたのは聖洞みんと画の美少女ではなく、平々凡々なモブ顔BMI23の平子睦実の姿そのまんまでした、ありがとうございました。 「どうシタの? 睦実、元気ないネ」 「えっ?」 「具合でも悪い? なら、無理にジェラートに付き合わなくていいのよ?」 「あ、いや、具合は特に何も……、えと、なんかごめんなさい」  2人の美少女に覗き込まれ、ついつい委縮してしまう。 (同じ美人でも、オタク丸出しのミサならここまで緊張しないのになぁ……)  その時だった。 「睦実、ストップ!」 私の腕を、ディヴィカがぐいと引いた。 「へ? な、何?」 「見て、あれ!」  雪梅が指さす前方に目をやり、私は息を飲む。  グブシュルル……  不気味な唸り声を上げつつ、空間からじりじりと這い出て来る、悪夢のような生物の姿。 「へ? あれって……、メトゥス?」 「そうよ! なぜこんな場所にメトゥスが……。学園内は結界で守られてるんじゃなかったの?」 「逃げマスよ、2人とも!」  2人が踵を返し、今来た方向へと駆けだす。 「…………」 「睦実! ぼーっとしてないで、早くこっちへ!」  この時の私は、恐怖など微塵も感じていなかった。ただ…… (うわぁ、3Dになったメトゥスって、こんなのなんだ……)  そんなことを考えながら、頭の中で、ゲーム画面の2Dグラフィックのメトゥスと比較していた。 「睦実!」 (あっ、そうか!)  ゲームでは、このシーンでソフィアが『封魂の乙女』として覚醒する。心の中に自然と浮かんだ言葉を口にして。 (私がソフィアポジションにいるのなら……)  私は一つ大きく息を吸うと、昨夜覚えたばかりのゲームの台詞を思い切り叫んだ。 「開け、異界の門! 封魂の乙女睦実が、迷えし者を誘い還さん!」 「睦実!?」 (よし、ばっちり覚えてた!)  一度も噛まずに唱え終えられたことで、満足感に浸っていた私だが。  グブシュルルル…… (あれ?)  目の前のメトゥスには何の変化も見られない。 「あ、あれ? おかしいな。ゲームでは、光輝きながら溶けるように消えて行ったはずなのに」  グブシュルル…… 「睦実! 何をやっているの!」 「コッチ来て! 逃げマスよ!」  グブシュルル…… (あ……)  気が付くとメトゥスはもう目の前に迫っていた。  小山のようにそびえる化物を見上げながら、私はぼんやりと考えていた。 (メトゥスってリアルだとこんなに大きかったんだ……) 「睦実!」  ずるりと伸びてくるイソギンチャクのような触手。 (それに、臭い……)  グブシュルルル……! (あ……) 「そこの女! 何も出来ねぇなら、前に出んな!!」 (っ! この声……)  聞き覚えのある声が、私の意識を現実に引き戻した。  次の瞬間、風を切る音と共に飛んできたブーメランが、メトゥスの触手を弾き飛ばす。 「今だ! 行ってくれ、ベルケル!」 「俺に指図すんじゃねぇ、キブェ! 来い、女!」 「っ!?」 (やっぱりこの声、声優の益田豪一郎!? それにベルケルって……)  声の主の姿を確認する間もなく、伸びてきた丸太のような腕が私の腰を乱暴に搔っ攫う。 (ひゃっ!?) 奇妙な浮遊感。腕の主は私を小脇に抱えたまま、軽々と跳躍していた。 (と、とと、跳んでる!? こわいこわいこわい!!)  グブシュルルル……ッ  獲物を逃すまいと、私の足に向かって伸びてくるメトゥスの触手。 「きゃ……!」 「そうはさせませんよ。ライリー、いいですね?」 「OK、シェマル! 任せとけっての!」  優美な声と元気な声が重なり、銃声が轟いた。続いて雷がメトゥスを襲う。  グブシュルルル……  状況を不利と判じたのだろう。メトゥスが空間の裂け目に逃げ込もうと撤退を始めた。  だが、その退路をパワードスーツに身を包んだ人物が遮る。 「くふっ、ここで逃がすと厄介ですからねぇ。とどめはお願いしますよ、エルメンリッヒ」 「承知した、ミラン。……ハアッ!!!」  気合い一閃。白銀の剣がメトゥスを真っ二つにぶった切った。 (あ……)  塵となって消えてゆくメトゥスの前に立つ、光の化身の如き神々しい人物。剣を鞘に納めると、金色の髪を揺らしこちらを振り返った。 「娘、怪我はないか?」 (エルメン……リッヒ……)  辺りを見回す。 (キブェ、シェマル、ライリー、ミラン、……)  まだ私を、荷物の様に小脇に抱えたままの人物を見上げる。 「ベル、ケル……」 「チッ……」  急に紐が切れたように、ベルケルは私の体をその場に落とした。 「いった!!」 「てめぇに構ってたせいで、暴れられなかったじゃねぇか。クッソ……」 「いいじゃーん。お姫様救出する王子様みたいで、かっこよかったよ、ベルケル」 「ライリーてめぇ、その身長もっと縮めてやろうか」 「大声を上げるのはよしなさい、ベルケル。お嬢さん方が怯えているではありませんか」 「あぁん? やっぱ女には女心がよく分かるってか? シェマル」 「私は女ではありません」 「まぁ、シェマルがその辺のレディたちより美人なのは確かですからねぇ、くふっ」 「ミランは沈黙の魔法がお望みですか?」 「ひゃっひゃっひゃ、美人のキツい顔は迫力あるねぇ」 「キブェ、あなたから先に声を取り上げてほしいようですね」 「やめろ、お前たち」  エルメンリッヒがサッと手を水平に伸ばすと、一同は口をつぐんだ。ミルク色の気品のある掌が、私の前に差し出される。 「立てるか、娘。我が手に掴まるといい。もう心配はいらぬ」 「エルメンリッヒ……様……」 「どうした?」 「C.V.城之崎翔……」 「? ……しーぶい?」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!