2 / 40

第1話 その2 ラッキーな夢見?

  (よしっ!)  コンビニでお菓子とジュースを買って帰宅した私の目に、予定通り配達された『白銀の聖譚曲』のソフトが飛び込んで来た。 (発売日、1ヶ月延期で待たされた分、今日からGWにかけてがっつりプレイするんだから!)  ソフトをセットして、スタートボタンを押す。ロゴが表示され、やがて何度も公式サイトで聞いたOP曲が流れだす。 (あぁ、綺麗……。動いてる、みんなかっこいい……)  そして…… 「『白銀の聖譚曲』、さぁ共に始めよう」 (っしゃ! 城之崎ボイス来たぁあああ~っ!!)  口を押え、声にならぬ声を上げながら床を転がり回る。 (いやいや、こんなことして時間を無駄にしてる場合じゃないってば)  トクトクと早鐘を打つ心臓を抑え込み、呼吸を整えながら起き上がる。 (さて……)  興奮に胸を弾ませながら、私は主人公の名前の枠に自分の本名を打ち込んだ。 §§§ 「むっつん、おはよっ!」  教室の机にうつ伏してまどろんでいた私の肩を、軽くつついた人物がいた。顔を上げると、明らかに睡眠不足の顔をした美咲が、不自然にキラキラした瞳をこちらに向けている。 「ミサ……、元気だね……」 「ね、ね! むっつん、何時までやった? 『銀オラ』進んだ? 何章?」 「私は……、3時半……、4時近くだったかな。5章くらい。ミサは?」 「あっはっはっは、完徹! 7章までいった!」 「え、えぇ~……」 「なんか世界が眩しい! あっはっは!」 「無理して徹夜なんてしなくても、明日からGWだからゆっくり遊べるのに」 「だってカラオケ連れてかれて、帰宅したの8時だったんだもん! そこからプレイ始めたら、面白くて止まらなくなっちゃってね~」  寝てない人間特有の妙なテンションが美咲の全身から溢れている。 「ミサ、大丈夫?」 「ダイジョーブ! って、何が? あっはっは」 (全然大丈夫じゃない模様です、現場からは以上です) 「むっつんは眠そう」 「うん。悪いけど、授業始まるまで寝かせて」 「分かった、んじゃね~」  美咲が危うい足取りで自分の席へと戻るのを見届け、私は再び仮眠に入る。 (授業が始まったら、起きて……、休み時間と昼休みで、えっと……全部で何分、寝られるかな……)  答えまでたどり着かぬうち、私の意識は深い闇の中へと沈んでいった。 §§§ 「……つみ、睦実」  誰かが私の名を呼んでいる。 「睦実、まずいわ。先生こっち睨んでる。そろそろ起きなさい」  あぁ、そっか。すっかり寝入っててチャイム聞こえてなかったけど、授業始まってたんだ。 (起きなきゃ……)  ぼんやりと霧に包まれた思考回路。泥のように重い意識を無理やり引き剥がすようにして、目覚めるべく努力する。 (……ん? あれ……?)  違和感を覚えた。 (このクラスに私のこと『睦実』なんて呼ぶ人、いたっけ? ミサが『むっつん』と呼ぶ以外はみんな、『平子さん』だったはずだけど……)  重い瞼を持ち上げ、私を起こしてくれた親切な人物を確認する。霞む視界の向こうに、小柄な少女の姿が見えた。 (……は?)  急速に意識が覚醒する。  隣の席に座っていたのは、ぱっつんと切りそろえたショートボブの……。 「雪梅(シュエメイ)?」 「そうよ、睦実。寝惚けて親友の顔も忘れた?」 「っ!?」  私は勢い良く身を起こす。教室の中の全ての視線が、一斉に自分に集まったのを感じた。 (何、これ……。嘘でしょ?)  私の目の前に広がっていた光景。それは『白銀の聖譚曲』の中で見た、教室グラフィックをそのまま再現したものだった。  そして隣の席で、口端をわずかに上げて笑っているのは……。 (主人公ソフィアの親友キャラの、雪梅……) 「睦実さん、その席は寝心地が良いのかしら?」  教壇に目を移すと、やはりそこには『白銀の聖譚曲』のソフィアの担任教師、マノン先生が呆れたようにこちらを見ている。クスクスと笑う生徒たちの中には、もう1人の親友キャラ、ディヴィカの姿もあった。 (あ、そうか。これは夢だ)  明け方まで『白銀の聖譚曲』をプレイし続けていたせいで、こんなリアルな夢を見てしまったのだろう。  マノン先生が咳払いをした。 「睦実さん、まだ夢の世界から抜け切れていないようね」 (え? てか、これが夢ですよね?) 「目覚まし代わりに1つ質問に答えてもらうわ。ここはどこでしょう?」 (どこって……) 「ムーシカ国の、主人公の通うルーメン学園の、教室シーンです」 「う~ん……、ひとまずは正解かしら? つまり、睡眠をとる場所でないことだけは理解できているのね。安心したわ」 「う……」  さざめきのような笑い声が、室内に広がる。 「でも、『主人公』とか『シーン』って何かしら?」  マノン先生は黒板を軽くノックする。 「まだ寝惚けているようだから、前に出てこの問題を解いて、頭をすっきりさせなさい」 (おぅ……、マノン先生、ゲームと同じように厳しい)  私は席から立ち上がり、黒板の前へと進み出る。 (まぁ、夢だしそのうち目が覚めるでしょ。それまではこの世界を楽しもうっと。二次元キャラが登場する夢って、結構レアだもんね)  私はチョークを手に取り、問題を見上げた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!